Vespa i-Get Engine

WS000003SprintとPrimavera系に水冷エンジンの搭載が発表されていました。
i-getエンジンと表記されています。
これって、すでにMEDLEYとかLIBERTYに搭載されているやつですねー。
Euro4に対応したエンジンでアイドリングストップも付いていたはずwwww
1ヶ月ほど前に
この表記が気になってポストしましたが、結局はi-getエンジン採用に伴う水冷4バルブ化ということだったのですねー
さて、いよいよベスパの小排気量車も水冷化が計られてきました。
155ccエンジンで15馬力だからEuro3の1.5倍か~~
従来の空冷エンジンよりも5馬力弱上がっています。
本国では
i-get 50
i-get 125
i-get 150
と3種類がリリースされていますが、
日本はとりあえず150ccだけがとかかな?
ちなみにこのエンジンが採用されているモデルは必ずABSが搭載されていますので、日本仕様もABS付きが輸入されてくるはずです。
ピンクナンバーのABSモデルはエポックなんだけどなー・・・
どこかのタイミングでPGJ様からもアナウンスがあるでしょう。

あ、夏に発売って書いてありますね。夏って?来月とかかな?

<おまけ1>
Primavera50・Sprint50の2ストは無くなってしまいそう・・・・(未確認)
最後の空冷2ストだから欲しいかも
現行モデルの水冷化によって、PXの生産終了の線がより浮き出たとも言えますねー

<おまけ2>
PX終了でいよいよ時代はオートマチック。ベスパファンを名乗るのであれば、最低1台は所有して置かないとイケない時代に入ったかもしれません。
ヴィンテージとは言っていても、実態はポンコツをマニア間で行ったり来たりさせているだけという見方もありますので、末永くベスパとお付き合いしていく上ではお作法かも・・・(私見です)

This entry was posted in vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA