Vespa PX150 Euro3 ユーザー納車整備www その15

さて、ユーザ-納車整備も佳境です。
image
シフトワイヤを張ります。

image
張った後の調整の事も含めて、ジャッキアップします。(大事です)

image
ワイヤガイドプライヤでワイヤを張ってからエンドストッパで位置を決めます。
カチッと動かそうと気負って鬼張りするとシフトシステムはスムースに動きません。
ワイヤ固定後、リヤタイヤを動かしつつ、シフトを入りをチェックします。
仕上がりが不明だったので、オヤカタにチェックしてもらいオッケー風との事でしたので作業終了

image
ワイヤ切断部はハンダを流し、シフト機構に便宜上ベタッと塗られたグリスは洗い流し、エンジンケースとの接合部にナナナナを充填します。

image
一通りの作業が終了しましたので、フライホールカバーやシリンダーシュラウド等を元へ戻します。

image
(あ、画像左下が整備長様が・・・www)
ミラーやシートナンバープレート等の補機を組み付けて納車整備はひとまず終了です。

<つづく>

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA