Vespa PX150 Euro3 ユーザー納車整備www その16

image
オイルポンプの駆動とオイル吐出は確認しましたが、エンジン各部への確実な潤滑を期すためにガソリン給油の初回・2回目は2ストオイルを2%混合します。

ブレーキフルード交換等の作業が少し残っていますが、ひとまず試走してきました。
シフトやブレーキの動作は問題無さそうです。(ハンドルちょっと曲がってたwww)
エンジンは燃調が濃いようで、全域でベロベロベロベロとフケが良くない。
キャブレターに標準装着されていたジェットはスロー#55・メイン#160でしたので、スロージェットの番手を少々落として見る感じですかね。

備忘録:ミクスチャーは全閉から1回半戻し ナウwww

<つづく>

<ご連絡>
FSNO様 私の方も変身準備がようやく本日整いました。
タイミングを見計らって実施しましょう!
スケジュールご教授下さい。

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA