Unita化 その1

ユーザー納車整備もあらかた終了しましたので、次の遊びの準備を始めます。
海外業者様へパーツナンバーを指定して・・・・
image
コレと・・・

image
コレを取り寄せ・・・(間違えて125CCを指定しまいました。)
150を新たにお取り寄せしてして、すでに到着済みです。*画像無しwww

Vespa_PX_150_Unita_ditaliaSX_1024
ビアンコモンテのPXなので、150°Anniversario Unità d’Italiaをパクりますwwww
Unita化にあたり必要なパーツは・・・
①Anniversario dell’Unità d’Italia公式ロゴ+トリコローレイタリアーノデカール
②ピアジオ社の記念ロゴプレート
③専用シート
の3点。
デカールとプレートは簡単に入手出来たのですが、シートはパーツ番号を拾うのに手間取りました。

image
到着www

image
トリコローレイタリアーノなストリップが縫い付けてあります。
あとは普通のEuro3のシートです(笑)
費用対効果を考えるとかなり微妙でしたwwww
シールだけっていう車輌は結構あるそうですが、それだと本物感が無い(笑)

Anniversario dell'Unità d'Italia
当時、150°Anniversario Unità d’Italiaの購入者向けに販売されたヘルメットも入手出来ればなお理想的なのですが・・・・・

image
どっちにしても2代目PXは道交法適合パーツが装着されているので、すぐにパチモノだとバレてしまいます。

image
パーツリストを隅から隅まで見ましたが、このシートベルト単体ではパーツで出ません。
手芸店に出向くと見た目遜色ないストリップが10mで1000円以下で売られています。
スタンダードのシートベルトを入手してクルッと「コ」の字状にして縫い付ければ、100台分は作れる?という妄想にも囚われましたが、パチモノのパチモノはパチモノなのでヤメマシタ(笑)

<オマケ1>
次回のAnniversario Unità d’Italiaは50年後の2061年ですので、PXは新車で売ってないし、自分も確実に死んでいるはずなので、150周年野郎を気取って楽しむことにします。
ボディにシリコンオフしまくってピタッと貼ってやります

<オマケ2>
以前の代理店様時代にはデカールは入手出来たようです。(バラ売り&超高額だったらしい)
PGJ様になってからは不明。合致する車台番号等が必要になるとかかもしれません。(未確認)
私は、すべて海外業者様より入手しています。
フツーにパーツナンバーを検索して買えました。
まーこんなことする人はいないと思いますけどね(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA