イエローバルブ

image
<黄色と判る様に撮るwww>
白PXにはイエローバルブを装着しました。
整備長様のPXにはイエローバルブが挿してあって、毎回走り去る姿がシブいので単純にパクりたかったというのが装着理由www
平成18年以降の車輌はイエローバルブの装着は出来ませんが、PXの場合車検も無いし原型が古い車輌なので実用上支障が出ることは無いはずです。
そもそもPXのライトは暗いので何色で光ろうが、有意差は感じられません。カンケーねーよwww

image
もう少しハイスピードでシャットするとハッキリ色が出るかもしれませんが、思ったよりも黄色くない(笑)
もっと真っ黄色で乗りたいかも・・・・

<おまけ1>
PXを本格的に常用するには夜間の照度確保が必須になります。
市街地はもとより深夜の高速道路等、安全面からも現代の車輌と同等の光源の装着を検討中です。

<おまけ2>
最近のEuro3(ってEuro3は最近なのですがwww)はライトスイッチが廃止され常時点灯になってしまいました。
イマイチだなーと思っていたのですが、乗り出したらどっちでも良い気もしてきました。
むしろダミースイッチ化されている以前のモデルに比べれば専用設計とみることも出来ます。
取り替えようと思ってスイッチ&ハーネス一式を確保しようとするとなかなかのお値段ですしね(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA