PX150Euro3「つづき」3

いまのところ装着の予定はありませんが、
さらにヤリたい方はどうぞ的な定番パーツが各社からリリースされています。
マロッシ様だと・・・・
28308320334_292e96f19f_o
・軽量フライホイールキット
1200gと900gの2ラインナップ。ノーマルは2490gだったかな?なのでかなり軽いです。
ドライブシャフトに付与される慣性力が低減しますので、スロットル操作に対しての反応がリニアになります。
===============================
車でもバイクでも個人的にはあんまり興味がありません。
フライホイールは慣性力を利用してスロットル操作や路面負荷のムラを平均化してくれるので走行挙動の変化が出にくくなり乗りやすくなります
コイツを軽量化してしまうと開けるところで開ける、閉じるところで閉じる等、正確な車輌操作が必要になります。上手な人は意のままに操れるという事になるのですが、自身の技術では定常的にトラクション懸けられなくなるのでイマイチ。下手くそってことですwww
乗ると楽しいんですけどね!

===============================

primalydrivePX
・プライマリドライブキット
マロッシ様だと23/64と24/63がリリースされています。(ノーマルは21/68)
計算値ですが、4速で6000rpm回れば
ノーマル:91km/h
23/64:106km/h
24/63:113km/h
になるらしい。
(23/64で7000rpmまで回れば124km/h wwww)
===============================
高速道路4速フケきりが多い私としては興味のあるパーツではあります。
177ccでもちゃんと回ってくれるのかなー?
でもコレを付けたことで街乗りがしにくいとかって感じにギアポジションがシフトしてしまうのであれば微妙ですよねー
(ま、高速でスピード出したければでかいバイク乗れば良いって事でwwww)
===============================

cluchPX
これは強化クラッチキット?
150ベースでもハードチューニングしていくとクラッチキャパシティが不足したりするのかなー?
あークラッチを上手につかえる人であれば圧着力があった方がコントロールよいですもんね。
===============================
クランクシャフトと同軸に配されて高速回転しているクラッチを強化しても大丈夫なのかなー?
滑って逃げていたストレスが滑らなくなったらどこへ行くのだろう・・・・・コワいなー?(笑)
===============================

いままであまり気にしていなかったので、ラージのチューニングの話はオヤカタとも整備長ともしたことがありません。
そもそもスペシャルエンジンケースで組んだとかのハードチューニングのラージ自体を見たことが無い。
整備長のPX200が上記パーツを組んだマイルドハード方向な仕様ですが、そのくらいですかねー
ネタ的には興味あるんですけどね(笑)

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, vespa. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA