年内最終日のお店へ

特に目的は無く年内最終営業日のお店へ。
2ヶ月ぐらいぶりかな?

本日の作業は・・・
エンジンオイル補充 ←自分でやった
右ウインカー不燈修理 ←整備長がやった
スタンドスプリング破断対策&修理 ←整備長がやった
という感じで結局自分ではなにもしなかったのですが、PXは無事復調www

image
サイドカバーを外して、ウインカー部の配線およびソケットをチェックしてくれました。
ウインカーが点滅しなくなったり、スロットルの開閉で症状が出たりする場合は電極パーツの嵌合と接触を確認してみる必要があるようです。
頻度的には右リヤに認められやすいようです。

そして次はスタンドimage
スプリングの力を利用してスタンド位置保持しているのですが、、私のEuro3はなぜかこのスプリングが1ヶ月ともたずに切れます。
フレームやチャンバー、スタンド部への干渉等は認められず、原因不明。
画像のスプリングは整備長ワンオフステイとFLのものを流用して装着してもらっています。
Euro3純正は細いスプリング2本掛けのため、対策の一環として施工してくれています。

でも、この仕様でもすでに1度破断してしまっているので、解決法が未だ見えず。
スプリングが切れてしまうとフックごと脱落してしまって、状態が確認できないので・・・image
ステーやスプリングが脱落しないようにライフラインを付けてもらいました。image
スタンド側はこんな感じ。
「写真撮るならメタルワイヤにしておけば」(タイラップなので熱の問題がある)って整備長がおっしゃってましたが、そんなことありません。ありがとうございます。!
このスプリングが破断しても残骸が残りますので、原因究明のきっかけになるかもしれません。

もっともこれだけスプリング壊しまくっているのは私だけ(他の人からは切れたどころか外れたという話さえも聞いたことがないwww)なので、役には立ちませんけどね。

整備長 今日もありがとうございました。

<おまけ>
もう全然ベスパに乗れなかったり、ベスパに触れなかったりするので、テンションは完全下がり中。
vespared-5
プロダクトレッドの946が出たり、
e-vespa
エレクトリカルなPrimaveraが出ていてもアップする意欲が湧かず完全放置。
プロダクトレッドの細々な赤っぷりはP様のエクスクルーシブプログラムっぽくて格好良い
とか
エレクトリカル946の後輪は回生ブレーキ風なギミックなのか?
とか
思ったりはして発表直後に下書きしてみたりもしたのですが、結局ポストしませんでしたー もうボツ風でwww

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス. Bookmark the permalink.

2 Responses to 年内最終日のお店へ

  1. ねこ says:

    あけおめです。
    私も右リア点灯しない問題発症しちゃいました。
    電球を外したり車体とサイドカバーの接触部分を綿棒で拭き掃除したら治りました。

    一個前のグローブボックスを利用できる純正ひざ掛け?の情報もありがたかったですし
    「ベスパ速報」に改名して今後も最新情報を発信して欲しいですよ。

  2. TARO says:

    ご無沙汰してます~
    センタースタンドのスプリング折れですが振動による金属疲労が原因かもしれません。
    スプリングに適当なサイズのゴムチューブを被せてあげれば免震効果で延命処置できると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA