PX150Euro3 定常整備

31762160554_e849c
すっかり乗る機会が無くなってしまったPXですが、それでも乗るときはほとんど高速道路なのでギヤオイルは換えておきます。
ルーズな車両管理が身上なので、PXはエンジンオイル補充のタイミングを大体の目安に交換をしています。
まーそうはいってもこまめに交換しないと、すぐに廃油がキラキラし始めるので早め早めがベターですかね。
ギヤが入りにくくなってからとかだとあんまり良くなさそう。

image
それからリヤハブを外してブレーキシュー&ドラムの清掃とセンターロックナットの増し締めをしました。
黒のプラスチックキャップはさりげなく脱落してました(笑)
割ピンを抜いてナットを緩めようとインパクトレンチを手に取ったのですが・・・
えーーーー
ナットが手で緩むじゃんwww
なんでだー!(整備長のお言葉:「リヤハブ高いよー」)
ギアオイル交換時には必ず増し締めしてるんだけどなー
割ピンが入っているのでナットが脱落することはありませんが、緩んだまま走り続けるとハブのスプラインが痛みます。
私の場合、アンダートルクが心配なので、インパクト→トルクレンチ→ロングスピンナハンドルで締めています。(最後に親方or整備長チェックもwww)

高速走行のせいですかねー??
まー油断せずこまめに締めて行こうと思います。

This entry was posted in PX150 Euro3, メインテナンス. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA