ネット復活www

Vespa PX150Euro3
リヤシートにネットでデイパックを縛り付けてみました

Vespa PX150Euro3
うーん・・・相当にダサいな。
ライディングに関してはほんの少しだけ後ろが窮屈ですが、特に支障なし。

PXはラージ、ラージとは言いつつも、今時なスクーターと比べればとてもコンパクトです。
エンジンマウントを兼ねたスイングアームリンクがほぼフレームのセンターに配置されていたりするので、ぴゅーっと軽やかに乗れます。
なので、積載性がイマイチなのは仕方が無いのですが・・・

トップケースは相当に乗り味が変わる。
端的には乗りにくくなるので付けたくない。かっこ悪いし・・・←個人の意見ですwww
リアキャリアは許容範囲ですが、デザイン的にはできれば無い方が可愛いです。
一応純正キャリアは持ってはいますけどね。(←我慢中www)
シードバックは大して入らない上、一度ベスパから降りると社会性のないデザインが目立ち一般の方々への心証が良くないし・・・。

「普通に背負えよ!」という話もありますが、胸郭パッドと脊椎パッド入りのレザージャケットの上にこいつを背負うと、まー動きにくい(笑)
そして、肩?腰?なんか疲れるしwww
リヤシートに括り付けるとギリでリヤの車軸上に配置されるので、乗った感じに大きな変化が出ません。
手ぶらでGoが理想的なんですが、一応仕事なのでどうしてもこのくらいの荷物になってしまいます。
より良い方法がないか引き続き検討中

<おまけ>
画像検索をしていると、ツールボックスを外してレッグガードにバックパックを引っかけているP・PXがヒットします。
結構便利風に見えるんですが、Euro3のツールボックスは収容力も高く重宝してますので無しかなー?(重量配分的には良いですね。)

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA