ET3 ホイールハブ

image
<ピントがタイヤに合ってしまったwww>
何度かサーキットランをしましたが、スモールはとにかくフロントブレーキが効かない。
握りこむと多少の制動感はありますが、ブレーキとしては非常に心許ない。
ピタッと走れるのであれば良いのでしょうけども下手くそな分どうしてもブレーキには頼りたい(笑)

サーキット用スモールにはET3用のホイールハブを装着しました。
主目的はチューブレスタイヤを使うためのものですが、ノーマルのスチール打ち出しよりもハブ自体がアルミダイキャスト製で強度もしっかりしてそうですし、放熱性も良さそうです。
(センターシャフトも太さが異なります)

実際にサーキットで使用してみると結構タッチがあります。
リヤブレーキと併用すると、ちゃんと停まる。
試しにフロントブレーキだけをラフに握り込んでみるとちゃんとロックするwww
効いてるじゃん(笑)
きっかけ作りのアクセントとしては良き心の友になってくれそうです。

<おまけ>
Vespaな人々は「良かった探し」が上手なので、エンジンがフケなくてもブレーキが効かなくても肯定的な感じで捉えちゃうポリアンナ症候群な方が多い(気がします・・・)
特にスモールはポンコツオリジナルのまま乗りたい人が多い気がしますのでよりその傾向が強い。
そういう意味ではET3のハブやディスクブレーキ化は無しです。はい。

<おまけ2>
「良かった探し」は南の島のフローネだと思っていたら愛少女ポリアンナ物語でした。
ポリアンナ症候群なんて言葉もあるんですねー

This entry was posted in 50Special, Parts & Goods, メインテナンス. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA