iOS11 Flickr問題

ベスパとは全く関係の無い話題ですが、自分と親方とハーレー屋のおじさん向けの備忘録。
iPhoneとiPad向けのOSの最新バーションはiOS11(11.0.3)。
最新のiPhone8やiPhoneXには初期導入されています。
表立って大きな変化は無いと思って手持ちの端末をアップデートしたところ・・・・


<フリッカーやフェイスブック等の共有機能のボタンが消えた>
メジャーなSNSへのSSO(シングルサインオン)機能が廃止されていました。
これはダルい。
いままではiOSの共有ボタンで簡単にアップロードやポストができてお手軽だったのですが・・・・

これからは各サービスごとに該当するアプリをインストールして使ってくれという事になりました。
(ツイッターが使いたい人はツイッターのAPPをインストールしてねという事)

そこで問題発生。

flickrにアップロードした画像を埋め込んで使っているのですが、アップロードのボタンがなくなりました。FacebookやVimeoのように専用のアプリをインストールする事で共有ボタンを有効にすることができますが・・・・

<アカウントにログインはできるがアプリケーションは利用できない>
Flickrは米Yahooのサービスのため日本のアプリケーションストアからはインストールできない仕様になっています。(日本だけダメなのかは不明ですが、ともかく日本のAppleIDではインスト-ルできません。)

iOS端末で写真や動画を撮ってFlickrへSSO的にアップロードにするためには・・・・・・

①iOS11にアップデートしない。
特別な操作は不要なのでコレにつきる(笑)
現時点で旧端末を積極的にiOS11にする意味はあまりない(気がします←私見)
動作環境で特に気になることが無ければアップデートの通知は無視してそのまま使いましょう。

しかし、これは消極的な方法。
なので、
②アプリケーションストアの非純正アップローダーを使う。
結構試してみましたが、すべてイマイチ。
オペレーションが煩雑だったり、アップロードプロセスが遅すぎたりで納得のいくアプリは無し。
個人的には「使えない」と判断しました。

そこで
③公式にFlickrがサービスされている国のアプリケーションストアから純正アプリをダウンロードする。
私が正規に取得して継続的に使用しているAppleIDは日本以外には「タイ」と「シンガポール」の2つ。
日本のアカウントから一旦ログアウトして日本以外のアカウントでログインし直します。
すると・・・・

<途中省略wwww>
Flickrの純正アプリをインストールすることができる様になります。


アプリ上でログインすると・・・


無事アプリが起動。
インストール後は日本のアプリケーションストアに再ログインしても特に支障はでません。


共有ボタンの設定からアクティビティの欄にFlickrが復活。
ここをONにすると・・・

Flickrボタンが復活しました。


アプリベースのアップロードプロセス画面が表示されて「Post」ボタンを押せばアップロードが完了します。
SSOの時と同じオペレーションになります。
ただし、この方法は日本以外のAppleIDを持っていてその国のアプリケーションストアにFlickrアプリが登録されている事が条件となります。

アメリカでは普通にアプリをインストールするだけの話なので、このSSO廃止はあまり大きな話題にはならなそうなのでなにか対応や対策が出てきたりはなさそう。
しかし・・・日本においては、このSSO廃止はFlickrを愛用しているユーザーには深刻な問題なのではないでしょうかね?
撮影データはMacやPCと同期されるので、そこからアップロードすればよいだけという話もありますが、「撮影して→(編集して)→アップロード」のお手軽環境は一度慣れてしまうと手放せない。

ひとまず個人的には解決しました。

<おまけ>
テキトーな情報を入力してアメリカのAppleIDを取得するという方法もあるようですが、これがアプリケーションストアの利用規約上、問題が無いのかは確認していません。
(架空の住所や電話番号等でアカウントを取得するという段階でダメな気がしますけどねwwww)

<おまけ2>

iPadPro上での純正アプリの使用感はなかなか感動しました。
Flickr自体は身売りされてしまいましたので、今後サービスがどうなるのかは不明ですが代替になるものが無いのでこのまま継続してもらいたいところですね。

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA