GTS300Touring ABS-ASR 25000km


たまにはGTSのポストも・・・・
完全に売り飛ばし体勢だったので去年の10月辺りから今年の7月くらいまで放置でしたが、日々首都高往復の任に着くために復活しました。
乗り始めると距離はどんどん伸びます。まもなく25000kmを超えます。(明日には確実www)


<2週に1回くらいで洗車ペースですかね・・・>
ここまでノントラブルと言いたいところですが、プライマリギヤのベアリング破損でミッションケースを含めて一式を交換しました。(ティピカルに生じるものではなさそうです。)
大破という印象はありませんが、機関系・駆動系トラブルなので中破には相当しますかね。

それ以外は特に問題なし。
トラコンやABS周りのトラブルも0です。
走行距離が30000〜50000kmまで到達する人は全体数としては少ないと思いますので、15000kmあたりまでの耐久性と考えれるのであれば十分かと思われます。

距離的にはそろそろウエイトローラーやスライディングブロック、ベルト・クラッチ等の交換時期になります。
ASRも頻繁に作動するようになってきたので、タイヤもですかね。
レギュレターは一定距離・一定期間走ると必ず壊れるらしいので、こちらもそろそろ心の準備をしておかねばなりません。
あとは各種スイッチ類のコンディションが落ちてきています。イマイチかな。
メーター表示切替の「MODE」ボタンは接触不良ですでに動いたり動かなかったり状態。
まーベスパは防水スイッチじゃないし、そもそものクオリティがクオリティなんでしょうがないのかな。
あ、オイル交換もしないと(笑)
という感じで、頭の中では結構な数の作業項目が並んでいます。
年明けからの隙間を利用して片づけて行く予定。

38699600961_83ae79fe5e_o
<レザーシートも大分馴染んできました。>
「遅い」とか「飽きた」等、ずっとブツブツ言ってきたわけですが、現在のライフスタイルには何気にピッタリ(笑)

そして、「みんなどこ走ってんの?」というレベルで街で見かけることがない珍車感もイケてる気さえもしてきました。(300は皆無。250さえもまず見かけない)

そして、結構な頻度で・・・「このスクーターなんですか?」や「これ何ccですか?」と尋ねられる(笑)

先日も某パーキングエリアで話題のCBR250RRに乗ったライダーから「これ何ccですか?」と話かけられました。
考えてみるとCBRよりも排気量が大きい。(CBRは249cc)
150ccクラスのスクーターに見えたけど枠付きナンバーなので気になったそうです。
「278ccだと車検あるんすよねー」と微妙な反応でしたが、確かに国産メーカーだと「ダメでしょ。売れないでしょ。」的なパッケージングです。
(ランニングコストやパフォーマンス的には割高で贅沢www)
CBRはリミッターが作動する160?170?まではサクッとあっという間に出るそうで、そこはちょっとだけ羨ましいなと思っちゃいましたwww
が、家財道具一式をテキトーに積み込んで緩いライディングポジションでそこそこのスピードレンジで移動できるGTSはトータルバランスに優れていると見ることもできます。
この形、この大きさ、この排気量で乗れるスクーターは他に見当たらないので前言撤回で大事に乗ろうかなー(笑)

<おまけ>
カスタムにはほとんど興味がないのですが、

すり抜けアイテムとしてPrimaveraやSprintのショートタイプミラーに若干興味あり。
トップケース装着用のバーエンドに交換してハンドル幅が拡がりましたが、依然ミラーがはみ出しています。
不自由はしていないのですが、ミラーがはみ出ないほうが良い的な?
ミラーが先に当たった方が安全というご意見もあるので消極的ですけど・・・・

This entry was posted in GTS300 Touring. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA