レギュラーガソリン


いままでコース内でスモールに使っていたガソリンはすべてオヤカタの携行缶からパクっていました(笑)
今回タイミング良く無くなったので近くのスタンドまで補充しに行ったんですが、スモールだからという先入観で「レギュラー」を充填して貰いました。
が、トラックに戻ってみてオヤカタに聞いてみると普段は「ハイオク」らしい。
あれ・・・?

さて、私のスモールはノーマルの6Vポイント点火になります。
以前にスロットルをラフに開けると失火してしまいますとポストしたりもしているのですが・・・

レギュラーガソリンを入れたら解消されました!

最終コーナーやセクシーコーナー等、3速のスリークォーター的なスロットルから全開にすると必ず失火してしまうのでワンテンポ溜めたりしていたのですが、全然問題なし。
気にせずスロットルを開けられます。

6Vから小さなコンデンサーにプールされて飛ぶ火は高オクタン価の燃えにくいガソリンの誘爆刺激としては不十分だった事を身をもって確認できました。
今度からはレギュラー入れよーっと・・・

CRT-10
ついにマイ携行缶をトラック内に持ち込むようになるのかー・・・・
また1つオトナになった気がする(笑)

<おまけ>
大は小を兼ねる程度にオクタン価を捉えていましたが、火の弱い車輌でハイオクの燃えにくさという物性を初めて体感しました。
新鮮だーwww

This entry was posted in 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA