スモールのディスクブレーキ

深夜にオッサン2人が互いの体重についてキモくメッセージの送り合いをしていたわけでは無く、本題はブレーキの話でした。

IMG_0054
私の車輌は前後ともにキャパシティの大きいET3用のドラムに換装してあります。
が、そんなに効くわけではありません。っていうか効かないwww
大きな制動力が必要なときにはリヤブレーキを併用する感じで乗っています。

オヤカタの車輌はフロントブレーキがディスクに換装されています。
乗ってみると絶対的な制動力もあるし、コントロール性も相当違う。
良く効きます。
一緒に走ると、フロントはマジでフル握り+リヤブレーキもロック上等で踏まないとついて行けない。正確にはそのつもりでやってもラップごとに差が開きます。
おいて行かれないようにブレーキ引きずりながらターンインせざる得ない感じになるのですが、マジで怖いし転倒リスクもかなり高い。

スモールはシェイクダウンを含めてまだ5回かな?
もう少しこのまま慣熟走行をするつもりですが、ブレーキは早いタイミングでパチッと効くディスクブレーキにモディファイしたい。

disklever1
マスターはCrimaz社製のキット一択っぽいです。
ノーマルのハンドルコラムにポン付けできる模様

そして肝心のブレーキ側
diskkit
同じくCrimaz社から50S・ET3用のキットリリースされているのですが、汎用性というか装着後のホイールやサスペンション等のバリエーションや補修パーツ的な問題まで含めると壊す事が織込み済みのサーキットユースには向いてなさそうです。


<オヤカタの車輌>
オヤカタとおそろいな方向が良さそう。
具体的には
①フロントフォークをPK用に換装

②フォーク長をアジャスト(ショート加工)
*既製の製品もあるらしい

③P・PX用のフロント周りを移植

という手順を踏むっぽいです。
このほうが、一度やってしまえばパーツ入手等には困らないですかね。
次に白糸行ったときにもう一回乗らせてもらおーっと!

<おまけ>
理想的にはフロントブレーキだけでターンインできるようなコンポーネントになると面白いかなーと・・・
フロンドブレーキだけでしっかり制動できれば荷重もかかるのでセルフステアもしっかり効くでしょうし、前後輪の回転差でターンアングルも出やすくスムースに旋回動作に入れるかもしれません。
リヤブレーキを併用するとどうしても車体が立つし、フロント荷重が保ちにくいので舵の効きも甘めになります。統合的な旋回挙動に対して逆作用の要素が多くなる。

フォークの重量バランスやボディ剛性の問題もあるみたいで簡単にはいかなそうですが上手く仕上げて乗りやすい車輌に仕上げたいですねー

This entry was posted in 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA