白糸スピードランド 2018-②


2週連続で白糸へ・・・
真面目すぎる。


外気温が低いので、実験的にレジアスエースの車内に休憩スペースを設置。
リヤヒーター全開だと暖かい(笑)
アイポイントも高くなるので、コース全体が見渡せてコントロールタワー風。


十分にタイヤを暖めてから先週のおさらい的にポイントをチェック
ひとまず47秒台安定からの46秒台も出たので、本日のテーマ的な部分に入ります。

しかし!!
セクシーコーナーの立ち上がりでミスファイヤが一発。
「あれ?」っと思いスローダウン。
最終コーナーのセクションで再び失火。
ストレート上でエンジンストップしました。


ピットに戻り、キックしてみると感触がおかしい。

<初の60fps撮影がぶっ壊れ動画とは・・・>
キックをするもフライホイールは回らない。
接続部分のクランクが破断しました。
エンジンブローwww


<フライホイール側>
節目的な破断痕なのであきらかにねじりストレスによる剪断力に起因したものでしょう。
画像の右上部が若干変色しているような気もするので、一発で折れたというよりは微小亀裂からの一線を超えて破断的な感じでしょうかね。


<クランク側>
50Sのノーマルフライホイールは小排気量のエンジン出力を補う意味でそれなりに重量があります。(2200g)
走り始めれば慣性が効くので転がりが良く、スロットルの開閉に対する車輌の動きがマイルドになって乗りやすさにつながります。

一方でサーキットやワインディング等、急加速や急減速が高いシチュエーションにおいては・・・
「回ろうとするエンジンに対してフライホールが抵抗する」
「止まろうとするエンジンに対してフライホールが転がろうとする」
という運動の第1法則による物理的な力がクランク軸に「ねじり」負荷を加えます。
限界点を超えれば破断ということになる。
ベースが50ccのクラシックスクーターの限界点がさほど高くないのは容易に想像できます。
サーキットユースという観点からは、壊れて当然という見方もできます。
極論的には「壊せないうちは遅い」的な・・・www
(クランクにダメージを与えないで速く走るには相当上手く無いとイケない)

ノーマルフライホイールで乗り続けると一定の間隔でクランクが壊れる事になります。
フライがしっかり効くほうが好みなのですが、壊れると解って乗り続けるのは変態っぽい(笑)
オヤカタのお話だと軽量フライに換装するとクランクを壊さなくなるという事なのでこれを機会にやりますかねー

<おまけ>
軽量のフライホイールキットを装着すると、12V化とCDI点火になってしまいます。
灯火類も付けていないのであまり支障はないのですが、オリジナル感が損なわれる(笑)
ま、仕方ないか・・・

<おまけ2>
思った以上にスモールの整備に興味が無いことに気がつきました。
サイドカバーを開ける以上の事は何も知らない(笑)
これを機会に自分で頑張って見ようかな。
(いまは比較的暇だしwww)
金曜と土曜で自分でバラしても良いですか?的な・・・・

This entry was posted in トラック, 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA