IRC MBR-740 DIX RR 90/90-10

mbr740
ミニバイク用スポーツタイヤの寿命がどの程度なのかは不明ですが、毎回130周前後ラップしたとすると間もなく1000kmぐらい走った事になります。
一応、次セット用に90/90-10を確保。
3月中は今のセットで行こうと思いますが、価格変動周期がそろそろ底値です。
あと200円くらい攻めてみたいところですが、そろそろかと・・・
(3.00-10はチャンスを逃して1000円以上価格上昇してしまったwww)

3.00-10と比べて、
幅が+4mm
径が+9mm
ロードインデックスは42(150kg)→51(195kg)へ上がります。

スモールは軽量な部類に入りますが、根本的な問題として乗っている人間が重い。
後軸の1輪だけで考えるとオーバーロード的なシチュエーションもあるかもしれません。
このタイミングで少しオーバーサイズも試しておきたいと思います。
幅や直径の増大が良い方向に効いてくれると良いですかねー
それと一般的にはロードインデックスが上がるとしなやかさが落ちてしまうので、その辺は気になるところではあります・・・

<おまけ>
車やモト関連のなかでもひときわインチキすぎるのが、タイヤの価格。
「官公庁や大きな企業向けにざっくり価格になっている」という類いの風説がいくつか存在するわけですが、あまりにも価格幅が大きすぎる。
業界や市場内での決めごとはあるのでしょうけども、「気分や雰囲気で売ってんじゃねーの?」と疑いたくなるようなバラツキぶり。
そのせいで毎日のように価格を見ています。
amazonの欲しいものリストに入れておくとリスト追加時よりも安くなると「○○%安くなりました。」と表示されます。購入時に登録しておくと便利風。

参考:スモール用タイヤ価格確認アフィリエイトwww

IRCの3.00-10(左)と90/90-10(右)


ブリジストンBT39SS
3.00-10 YCX(左)3.00-10 YCY(中央)90/90-10(右)

This entry was posted in 50Special, Parts & Goods, メインテナンス. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA