PX始動準備 その1

お店のツーリング日が決まりましたので、合わせてPXを始動準備をしたいと思います。
現状、最低限やらないとイケないのは・・・
①チャンバー交換
「青」から使っていたBigBox Sportsが賞味期限切れで終わっているのでリプレイスの必要があります。
②右リヤウインカー不灯改善
高年式PX150Euro3のウィークポイントの1つである右側リヤウインカーの接触不良を解消しないといけません。


<大分使い込みました>
まずはBigBoxから・・・
試験的に・・・と、装着したSportsですが、
・思った以上に五月蠅い
・振動もスゴい
・その振動に耐えられずあちこちが折れたり千切れたりする(笑)←いや・・・笑えない
という感じで、トータル的には「メリット<デメリット」的な印象が否めませんwww


<この脚はオヤカタですねwww>
今回はTouringを装着します。
スカッと回る感は薄れるものの、ストリートユースにおいてはトータルバランスの良さが光ります。
BigBoxをお考えの方へは間違いなくこちらがおすすめ!
(Sportsは止めておいた方良いですwww)


<Sportsと比べると小ぶりです>
新品。
使い回しではないので、サクッと装着が出来ました。
(1度使ってしまうと微妙にボルトの穴の位置等がズレて装着しにくい)

併せて簡易的にチェック出来る部分もやっておきたいと思います。

<キャパシティの大きいPINASCO AIRBOXを使っています>
キャブケースを開けて・・・


エアクリーナーの洗浄をしつつ、キャブレターやチョーク・スロットルワイヤの状態を確認。
水やオイルが溜まっていたり極端に汚れていたりはしませんでした。
全体をざっと綺麗にしてケースのゴムパッキン等も清掃してグリスアップします。


BigBoxを装着しやすいようにリヤタイヤを外したついでに定期的に実施が必要なセンターナットの増し締めと、ブレーキドラムとシューと洗浄・清掃も実施。
その他、ブレーキやシフトワイヤ類の張り直しをして、操作系の動作感もチェック。

右リヤウインカーの不灯も一先ず解消して現在は点滅するようになりましたwww
(経過観察中です)

お店から家までを利用して試走も完了。
問題なさそうです。

作業的にはまだまだ残っているので、その2に続きます。

This entry was posted in PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA