白糸スピードランド 2018-④

火曜日なので公式にコッソリやっている「コソ練」の日です。

天気的には回復のはずでしたが、ウエット&霧からのスタート。
サーキットのお父さんの話だと「この後晴れて乾くから」という予言がありましたのでひとまずは待機。
今日はオヤカタとSEKWさんと3人。


こんなコンディションなので「貸し切り的な?」と思っていましたが、実はそれなりにいらっしゃってました。シーズンインですねー
しかし、今日はラップタイムの計測システムが不調。
我々以外も全体的にテンションは低めでした(笑)


まずは型から入る!!
使う可能性がほとんど無い工具類を持ち込んで拡げてみました。
(そしてほとんどの作業はオヤカタがする的なwww)
実際に使ったのはスパナ数本とラチェットのみ・・・


そのまま「普通に走るかな?」と思っていましたが、燃調は今ひとつでした。
フケないしスロットのツキもいまいち。チョークを引いたまま走るとちょっと良い感じがするので、
メインジェットを
①#98→#100に変更。
濃くしてみました。
でも、逆だったみたいでますます回らない感じに・・・

②#100→#90に変更
一番最初に装着していた番手に戻してみました。
これだと上まで回るしスロットルのツキもまーまー。
でも、線が細く力が無い。薄い?

#90 #92 #95 #98 #100

と少しずつ番手を落として良さそうなところを探してみる事にします。
次回は#95→ #92的な感じで確認予定。
(ジェットが間に合えばwww)
CDI点火と12V化に関してはさほど差が出ないだろうと思っていましたが、よく考えてみるとレーシングクランクも組んでいるので、その辺りも含めてリセットが必要ですかね。

25781722917_809c16e788_o
<FSNOさんは車輌とレーシングスーツ、ヘルメットだけ参加>
総括的には燃調がピタッとこないのと、軽量化されたフライホイールの特性に慣れずに上手くのれませんでした。
もう少し慣熟走行が必要ですかね。
スロットルのメリハリが出た分、加速もしますが減速もする。
とにかく開け続けるつもりで乗らないと速度が維持出来ない。
ターンインのきっかけだけスロットルを戻して、すぐに全開で車体を押さえ込むってのが基本動作っぽいです。

引き続きセッティング&練習に勤しむことにします。

This entry was posted in トラック, 50Special. Bookmark the permalink.

2 Responses to 白糸スピードランド 2018-④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA