インステップ


軽量フライ装着に関しては恨み節だけではなくて、良いなと思う部分もかなりあります。
インステップと言うかは知りませんが、
フライホイール軽量化の効能として、ステップの使い分けを考える事が出来ました。
直近でやっていたサーキットランはバリバリに電子制御の効いたリッターSS車両ばかり。
進入はABS任せのフルブレーキング。サスペンションさえも電子制御でググッと抑え込んでくれます。
そこからパタッと深いバンク角まで自然に倒れてくれる車体をアウトステップで踏みしめながら倒れすぎないようにして、出口に向けてスロットルオン。オーバースロットルだとしてもトラコンがカチカチ言いながらコントロールしてくるので、アウトステップのまま車体にブル下がっているだけで、鋭くコーナーを立ち上がれます。
で、ほどほどのスリルとサスペンス?とそこそこのタイムが出る。

しかし、本来はインステップとアウトステップ、ボス(両方)ステップを使い分けるべきなのが本質でしょう。

私の場合、スモールにおいても原則アウトステップでした。
外側の足の裏で踏みながら踝をフレームに押さえつけてターニングする感じ。

今回、軽量フライ換装したことで、自分の乗り方だとアウトステップするほどターンインでの勢いがない。
むしろスロットルを戻す前にインステップした方がググッとコーナーにアプローチできます。
いままで6番はバックストレートでできる限り全開で走り抜けて、ギリギリな感じで進入していましたが、
インステップだと、ターンインしてからもスロットルが開けられる。
ほんのわずかな区間ですが、スロットルが開いてる、タイムに還元されると思われます。

ノーマルフライの時は「立ち」に埋もれて気がつきませんでしたが、「内側」を踏んでみるとパチっと曲がれるところが結構ある。
というか極力アウトステップせずに乗った方が総括的には速度に乗る気がします。
「常識じゃね?」なのかもしれませんが、個人的にはチョピリした発見的で嬉しい。

アウトステップするぐらいの勢いで飛び込めばという説もありますが、体も心もそれを拒む・・・www
どちらかと言うと慣性の効いた重いフライの状態でインステップで切り込んで見たい(笑)

<おまけ>
しかし!!
将来的にフライは可能な限り軽くなければならないと嘯くかもしれませんが、現時点においては重いフライが恋しい限り。 あー困った・・・・

This entry was posted in トラック, 50Special. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA