SENA 30K


<DUALパックが2つ登場!!>
アクセスログ上で上位を独占しているSENA 20Sのポスト。
ツーリングアイテムとして欠かせないインカムですが、ハイエンドモデルのインカムの中でも頭一つ抜きん出る存在です。
お店には未開封未使用の20Sが何台かありますが、昨年末にさらに上位機種となるSENA 30Kがリリースされました。国内正規品は2月とか3月辺りがファーストロットだったのかな?


早めのタイミングでオレンジ様謹製30Kが降臨!!
おーかっちょえーwww


一先ず、充電と最新版ファームウェアに更新。
30K最大の特徴は2017-2018シーズンのトレンドともいえるメッシュコネクト。
複数台を順列の無いネットワークでリンクして使用できる。
一度設定してしまえば、互いの位置を意識すること無く通話することができます。
信号等で通信が切れてしまっても誰かと通信が可能になると自動で再接続されます。
チョー便利。


<2005年のポンコツに最新型インカム>
ジェットヘルは今回からブームタイプのマイクを装着してみました。


<2010年のポンコツに最新型インカム>
フルフェイスは従前通りワイヤマイクを装着。

クレイドルは20Sと共用なので、すでに20Sを使用している場合は本体を入れ替えるだけ。
一応・・・と思ってクレイドルを比較してみるとマイク端子にロック機構が付いていました。20Sで使用しているクレイドルのマイク端子はピンジャックに差し込むだけなの使用しているうちに抜けてしまったり、ジャック部分に応力が掛かってしまい耐久性に不安がありました。
(実際に旧型を外してみたら、全部ジャック部分が変形してました)
せっかくなので、クレイドルは全員交換しました!

さて、早速明日使ってみることにします。

<おまけ>
以前は2台で1万円台のインカムを使っていました。
「これで十分でしょ!」と嘯いていましたが、ハイエンドを一度使ってしまうともう無理(笑)
通信の安定や音質も全然違うし、マルチチャンネルなのでインカムしながら電話しながら音楽を聴きながらナビやレーダーの音声を重ねる等、ツーリング等での長時間使用にも不安が無い。バッテリの持ちも全然違うしね。
また、スイッチ類のクオリティも高くて走行しながらのオペレーションもわかりやすいし、完全防水なので天候等も気にしなくて良い。
私はほぼ毎日使っているせいか廉価な製品はすぐにコネクタやスイッチが壊れます。イケてない。

<おまけ2>
私の知っているかぎりですが、SENAとCardoの製品はダントツ。
値段は同じレンジですが、自称メジャーを名乗っているところのハイエンドとは全然違う。
Cardoも間もなくメッシュコネクトの端末が国内に流通し始めます。
ブレイクスルー的な機能だけに今後が楽しみですねー

This entry was posted in SENA, Parts & Goods. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA