スモール専用


レジアスエースが車検から戻ってきました。
積載していた物をいったん下したので・・・
このタイミングで車輛固定位置を後ろにずらすための小加工をしました。


<なぜか黄色号を位置決めテスターとして使う>
フロアや固定材等の加工や固定手段的な部分は以前に整備長がキメテくれているので、作業自体はとても簡単。



Iプレート?とIナット?(っていうのかな?)を新たに設置


今までの固定ラインがフロアパネルの切り欠きの部分ですので、40cmチョイぐらい下がる感じです。


このぐらいの感じでリヤゲート閉めて3~4センチくらいのクリアランスがあります。
これでスモールをぴっちり積む事が出来るようになりました。

<おまけ>
スモールをレジアスエース(ハイエース)の荷室に積むと、車体とリアゲートの間にかなりのスペースが出来ます。
これはこれで便利なのですが・・・
車輌を下ろすときも、
「荷物を下ろす→車輌を下ろす→下ろした荷物を戻す」
積むときも、
「荷物を下ろす→車輌を積む→下ろした荷物戻す」
と、車輌の出し入れの度に下ろしたり戻したりと思った以上に煩わしい。
車輌を後ろにズラしたことでスライドドア部分に「荷物」をまとめておけるようになりました。

This entry was posted in 50Special, トランスポーター. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA