Hyod HRZ906 HRZ907

2021年1月1日よりMFJの国内競技のルールに脊椎パッドと胸郭パッドの装着義務ルールがアップデートされます。
スーツ入れ替えのタイミングで胸郭パッドと脊椎パッドを換えたいと思います。
(スーツが来る前から使い始めます)
hrz906
<仮止めさんも同じのを入手しました>
チェストプロテクター向けの新CE規格(EN-1621-3)・レベル2の製品
「を遥かに上回る」性能って記載があるからもっとすごいってことか~
2021年1月1からEN-1621-3をパスしていないプロテクタは使えなくなります。
いままではそれっぽければ何でも良かったので、しっかりとルール化されたってことですね。
D3Oが触れ込み通りの性能を発揮してくれるくれると良いなー
肺はヤッテも死なない可能性があるけど、心臓と縦隔はしっかりと守っておきたい。

hrz907
<これも仮止めさん買った>
CE規格(EN-1621-2)レベル2
こちらもD3Oが全面に配されています。
同様に2021年1月1から(EN-1621-2)をパスしていないものは使えなくなる。
従来明確な規格設定が無かったので、こちらもルール設定が厳格化した感じですね。

hrz001
<これはいままで使ってたやつ>
VespaGP自体はいわゆる草レースですので直接的には関係ありませんが、準拠するレギュレーションやサーキット施設の利用規則等がMFJに倣うはずなので、どこかのタイミングでアナウンスがあるかなと思われます。
規格をクリアしてるから良い訳では無いけれども、安全基準を枠組みで確保していくことは大切なことですので早めに準備しておきたいと思います。

<おまけ>
MFJからのアナウンスはこんな感じ
========================================
【予告事項】
脊柱プロテクションと胸部プロテクションの規格装着を義務付けている脊柱プロテクション(脊髄パッド)と胸部プロテクション(チェストガード)に製品の規格を設けていませんでしたが、2021年1月1日からは以下の規格を取得している製品であることが義務付けられます。※CE規格適合製品にはCEマークが表示されています。(ロードレース競技規則10項ライダーの装備)

●脊柱プロテクション
2021年より、脊柱プロテクションはCE規格「EN1621-2(Level1またはLevel2)」適合品の使用が義務付けられる。「EN1621-2」規格品以外の製品は使用ができなくなります。エアバッグ一体式でエアバッグ本体にCE規格「EN1621-2」適合品の脊柱プロテクションが装備されている場合は、脊柱プロテクションの装備は免除される。

●胸部プロテクション
2021年より、胸部プロテクション(チェストガード)はCE規格「EN1621-3(Level1またはLevel2)」適合品の使用が義務付けられる。「EN1621-3」規格品以外の製品は使用が出来なくなります。エアバッグ一体式でエアバッグ本体にCE規格「EN1621-3」適合品の胸部プロテクション(チェストガード)が装備されている場合は、胸部プロテクション(チェストガード)の装備は免除される。

【CE規格とは】EU(欧州連合/ヨーロッパの地域統合体)加盟国で製品を流通・販売するために必要な国際規格制度で、EU各国で定められる安全基準をまとめたEU圏の共同規格です。
========================================

This entry was posted in VespaGP, トラック, Parts & Goods. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA