KTC デジラチェ GEK135-R4 


1/2のデジタルラチェットレンチ
(KTCの商品名はデジラチェです)

KTCデジラチェGEK135-R4

測定可能範囲は27~135N・m
ベスパ的には
スモールが8.00Kgf・m(78.4532N・m)
PXでも10.00Kgf・m(98.0665N・m)
が最大レンジ的は十分
スモールのクラッチの締結が4.50Kgf・m(44.12993N・m)
なので下もオッケー


で、このデジラチェなんですがKTCではなく藤原産業製です

おそらく同じ製品であると思われるのが、
SK11 デジタルトルクレンチ SDT4-135
になります。
(測定範囲6.8~135N・m 精度保証範囲:27~135N・m)
お値段的にはこっちの方が安い


絶賛使用中の3/8は藤原産業製です
SK11 SDT3-060
測定範囲は3.0~60N・mなのでスペック上はスモールの一次減速もクラッチも締結できるのですが、実際にやってみるとハンドルが短くて4.5Kgf・mとか5.0Kgf・mはキツい(笑)


操作がちょっとSK11の方と違うのですが、KTCの方が使いやすいかな

<おまけ>
あ、充電式が発売されたので乾電池式は大幅にマークダウンされています。半額近いものもありますねー

<おまけ2>

測定機器ということでしっかりとしたケースに入っている事が多いのですが、これにいれて保管しておくと大抵使いたいときに使えない(笑)
インパクトレンチも同様なので、できれば工具箱に入れておきたいなー
(結局お店のインパクトとトルクレンチ使う率が100%近いwww)

This entry was posted in 工具. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA