VespaGP2021 第1戦茂原ツインサーキット

公式のミチアツ動画が早速アップされました!!!
(ミチアツいつもアリガトー)


2021シーズンが始まりました。
第1戦は定番の茂原ツインサーキット
マスタークラス3台GPクラス8台の計11台

私的には結局新マシンは間に合わず(というかエンジンビルドでハマッて先に進んでいません・・・)

で、今回は8台とエントリー数は絞られていたのですが・・・
FJIさん復活
NKM-Rさん
TUPさん
と、速い人達が並ぶ
そして、練習段階において神奈川勢の方々にも軒並みラップで2秒以上離されている状態(笑)
勝ち目なぞもともと無くて、ビリになる問題が漂う中でレース開始(笑)

練習走行2回とタイムアタック1回
タイムは大して振るわずに4番グリッドへ・・・(GPクラス決勝はリバースグリッド)
スタートは例によって大失敗
しかし、運良く上位のポジションが取れました。
周囲を見渡してみると・・・
仮止めさん(初代)はすでに独走状態で遙か彼方へ走りさりました。
後ろを振り向いて見ると、3台?いや・・・4台?
壮絶な駆け引きをしながら走っています。ヤバいっしょ(笑)
「あれを泥仕合と言うのだろうか?」状態

あの集団にだけは飲み込まれたく無い!!

その一心で真剣に真面目に周回を重ねて規定ラップの半分を消化
(途中、接触してFJIさんが転倒してしまいました。スミマセンでした!!)

なぜか今回は15周なレース
7周目ぐらいで息が上がってしまいマシン操作もうまく出来なくなってきました。
トップの仮止めさん(初代)はもう絶対に追いつけないので、タイムボードから残周と後続者のラップタイプを逆算してセコくポジションキープに励む作戦に変更

打算の走りで後半は42後半〜43秒台をノロノロと刻みながら無難にラップを重ねてチェッカー

なんとなく2位って感じのリザルトになりました
(詳細は動画で!!)


<トタル・ルブリカンツ・ジャパン様とピアジオジャパン様から商品をいただきました>

<茂原ツインサーキット様からも副賞をいただきました←2枚目>
練習走行・タイムアタックともに全然振るわなかったのですが、感触的には乗り方を思い出したというか、恐怖感が無くなりました。
ラインだめだし速度もまだまだなので、普段の感触ってレベルではありませんが、このうっかり2位のおかげでやる気が出てきました(笑)
次回も頑張りたいと思います。

VespaGPな皆様
今回もありがとうございました。まだ次回よろしくお願いいたします!!

<おまけ>
NKM-Rさんより先にゴールするのが僕の夢
順位よりなにより、そこが一番「おー」って思っちゃいました!!
(NKM-Rさんは泥仕合に巻き込まれていたためアドバンテージが確保できたwww)
いつかガチで同じぐらいに走れるようになったら良いなー

This entry was posted in PX150 Euro3. Bookmark the permalink.

2 Responses to VespaGP2021 第1戦茂原ツインサーキット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA