Author Archives: CNX41

整備を続けるなど・・・

絶望的に走らないマシン
気分的には欠場したい(笑)
もう一度インフルエンザにでも感染しないかな?
と、ふて腐れ中www
が、
あきらめずに整備を続けることに・・・

方向性の選択としては大きく2つ。
①元に戻す
現状、茂原で自己ベストが出ているのは2018スペック。
弄った箇所を「全部戻す」という消極的手法ではあるものの、既知の状態で乗ることができるというメリットがある。

②仕様変更をさらに推し進める
ステップとして手を入れていない部分の作業を継続して性能・性状の向上、改善を図る。
ただし、やっても良くならない&迷いの森に入り込む可能性がリスクがあります。

2018スペックはルーキーイヤーのエントリーマシンとして好バランスでしたが、ここから本格的にコース攻略したりタイムを狙っていくにはもっと作り込んでいく必要があります。
不調の罠に陥っていますが、やはり方向性としてはプロスペクティブにやっていくしかない。

ということで、
オヤカタが奥から出してくれたダンボールを開封。
WIND JAMMERS製チャンバー
株式会社べスパさんの別注プロダクトです。
(通常商品としてはラインナップされていないらしい)


仮組みをしてみます。
2018スペックは激安OEMのウンコチャンバーだったので、こんな本格的なやつは初めてです。震えるwww(組み立てる手が・・・ね)


エキマニとリヤサスのクリアランスは・・・
微妙に当たってない?セーフ?セーフなのか?


ギリギリ過ぎか?


<パーツトレーが・・・>
ここで整備長ワープ!!
見事なフィッティングでございました。


併せて、キャブレターもリセッティングしました。

さーどうなることやら・・・

<おまけ>
頭で想像していた2019スペックと実際はだいぶ違ってました。
特にエンジンは自分の乗り方には向いてなさそうな特性を示してます。
まー車輌で実際にいろいろとやってみないとわからない。
何事も経験だなー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す

茂原ツインサーキット 2019-③


本番前最後の練習。
出走12台中6台が参加しているので、ほぼ公式練習状態。
私自身は組み直したエンジンのセッティングを出すというのが主目的だったのですが・・・


<こっそりコースを歩いてますwww>
予想外というか、想定外というか全く車両が走らない!
一応ステップバイステップでセットしてみようと思って手をつけていない部分はあるのですが、それにしても酷すぎる(笑)
こんなに走らないとは・・・


<後々の記録として一応貼っておきますが・・・>
タイムは全く出ないwww
マジで乗っても43とか42がずらっと並ぶ。
挙げ句の果てに、転んじゃったりもしました。
(ストレート→1コーナー→2コーナーのセクション)
直近のターゲットは「40秒台に入る」だったのに・・・・。
もう無理だな(笑)


<ここのライン捌きが難しいです>
というわけで、珍しく機嫌が良くないwww
水曜日と木曜日に八つ当たりされた人、それは全部マシンが走らないのがいけないんです(笑)
あーフラストレーションが溜まるwww
ま、中・長期的にはこの紆余曲折が走りの厚みになる事でしょう。

<おまけ>

<茂原ツインサーキット 2019-②>というのもありました。
2週間前にも練習に行ったのですが、その日の夜にこんなに熱が出ました(笑)
その日も絶不調。
「花粉症微妙!!」とか思っていたら、
結局、某所でのインフルエンザでの集団感染という事が後に発覚。
なんか上手くいかないですねー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す

AP 1/2DR インパクトディープソケット 10個組


コードレス電動インパクトと一緒に持ち歩く用のソケットセット。
10とかは使うことはないと思いますけどね。
タイヤ交換する時に12とかは使ったりするのかなー?


ディープソケットだけで十分な気がするので、セミディープやシャローソケットは買いませんでした。
(オヤカタに確認したらオッケー風でした)
材質的にはクロモリと記載されてますねー
メッキじゃなくてリン酸皮膜処理されているソケットの質感は不思議です。

インパクト用ソケットは一般的に軟らかいという事になっていますが、あえて普通のソケットよりも硬く作っているメーカもある。
どちらの理由もごもっともって感じなので善し悪しは不明。
シカトで普通のソケットをインパクトに挿している人も結構いますしね。
(抜け防止のピンが打てないのは危ないと思うけど・・・・)

アストロのソケットはどっちかなー?
感触的には軟らかい感じがする 笑
(根拠無しテキトーです。)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 工具 | コメントを残す

AP DC18V 充電式 1/2DR ハイトルクインパクトレンチ セット (限定)

ついにというかなんとなくというかコードレスの電動インパクトを導入
いろいろ上手くいかない(転んだのも含むwww)ので珍しく機嫌が良くない(笑)
そのストレスを薄める精神逃避行為の一環です。

我らがアストロプロダクツの電動インパクトレンチ。
今年の2月にリリースされたものです。
EVO18シリーズの改良後発商品なので良いとこ取りでバランスのよさそうなプロダクト
=======================================
メーカースペック
・本体サイズ(2.0Ahバッテリー含む):L162×W75×H235mm
・重量(2.0Ahバッテリー含む):約1.4Kg
・差込角:1/2DR(12.7mm)
・最大トルク:約280Nm
・無負荷回転数:0~2300/min
・打撃数:3400回/分
・最大連続使用時間:20分
・LEDライト付
=======================================


1/2規格(12.7sq)
(3/8規格(9.5sq)もシリーズされています)
スターターセットというバッテリーと充電器がセットで22,800円(税別)
バッテリー自体は2.0Ahと小さいですが、他メーカーの同一スペック商品に比べるとだいぶお安い。
連続使用することはありませんので大容量のバッテリは基本不要。
2個を交互に使えば実用上は困らないと思われます。
(車で充電もできるし・・・)


先行商品(廃盤)の最大トルクは220Nmでしたが、モデルチェンジで280Nmになりました。
べスパ的には上限100Nm辺りですので、仮に実用スペックが公称値の半分ぐらいだとしても必要十分と考えられます。


それっぽい専用キャリングケース付き。やはり電工は充電器とバッテリを一緒に格納でききたほうが良い。


で、発売記念キャンペーン。
本体+バッテリーのスタータキットにもう1つ2.0Ahのバッテリが付いてくる。
4800円なので単純にお得。
(突然買った理由の1つとして、このキャンペーン商品がお店に1つしか残っていなかったからってのもあります。)
さらに、キャンペーンで今使ってるインパクトを下取りしてくれます。
私は持っていないので、「持ってません」と伝えると・・・
「壊れていても何でも良いので持ってきてください」との事(笑)
ジャンク屋で500円とかで売ってるやつでもオッケーなんだそうです。

さー充電して使ってみよーっと・・・

<おまけ>
実は電動インパクトに関してはかなり前から検討していました。
でも、いままで手を出さなかった?出せなかった?のは、ホームセンターで「買う前に試せます」的なコーナーがあって、工具担当の方が実際にいろいろと見せてくれたから。
車のホイールナットの締結トルクが約100N・mぐらい。
メーカー問わず、バッテリー電圧が10.5Vや14Vの商品はこいつを緩められない。
無駄にカチカチやっているうちにバッテリが尽きるというオチまで付く
ホイールナットが緩められますと箱に書いてあっても実際には使えない。
「車やオートバイの整備であれば・・・」ということで、
200N・mで締結したボルトナットを実際に緩めてくれました。
実際にやってみるとスタンダードな18Vバッテリーでカタログスペックで200N・mを超えていても緩まないプロダクトがいくつかある。
おなじメーカーでカタログスペックは近似していても価格が高いほうでは緩むけど安いほうは緩まないというのも見せてくれました。
この段階で思考停止。「とりあえずインパクトは別にいーや・・・」ってなっちゃってたんですよね。
ちなみに36Vはサクッと緩む。800N・mとかですからねー
(しかし本体+バッテリで15~20万とかなので無理www)

べスパに限って言えばハイトルクで締結している箇所はありませんので、500N・mを超えるような製品は完全にオーバースペック。
今回のAPはその辺が絶妙。べスパ的ともいえる実用スペックになっています。
ま、ほどほどで十分そうって事ですかねー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 工具 | コメントを残す

プライヤー地獄


<先に専用工具箱を確保。少しずつ並べていきます>
できるできないより、まずは形(モノ)から・・・というのが人生のポリシー(笑)
そして下から攻めるよりはオーバースペック、オーバーコストでもできれば上から攻めていきたい。
工具はその典型でしょうかね。
(工具箱はアストロなのが、さっそく論理破綻してますが・・・)

が、所詮はうんこアマチュア。
オヤカタや整備長が工具を握ると空から金の雨が降りますが、私にはそういったエコシステムがありませんのでほどほどにしておかないとなりません。
ラチェット系だとハンドルだけ振り出し角が細かいネプロスで、ソケット類はKTC汎用ツールみたいなパターン。
しかし、その手が通用しないツールがあります。
それは・・・
cripring
プライヤー。

表向きの本業でもひときわお値段が目立つプライヤー一式。

使用頻度は低いけど、特定作業には必ず必要な準SST的存在。
安物・パチモノは論外
そして、種類足りずの目的外使用は高確率で「失敗」につながりますので、一通りズラッと揃えないとツールとしての効果が発揮されません。

cobra
<knipex Cobra ←アリゲータってのありますね>
オヤカタのところだとズラッとknipexが並んでます。
使ってみるとやっぱり全然ちがうんですよね。すんなりと作業が進む。
私の場合、とにかく「失敗」の回数を減らす事が整備達成率に直結するので、
その裏打ちとして工具を揃えておくのは大事です・・・
(知識や技術、経験の乏しさは別問題でwww)

せっかくなのでこの機会にコレクションしておきたい。
(日本語的なコレクションという意味ではない)
ですが・・・
knipexは高いよーwww
ひとまずコブラセット・スナップリングプライヤーセット辺りから始めてみようかと思いますが、
それでもちょっとしたもんです(笑)

プライヤーを買うと、それを使うための車輌やパーツが買えないというオチが待ってます。
プライヤー地獄www

<おまけ>
お安いのはやっぱりAmazonですかねー
価格の周期性があるかを確認して、安いときにバラでつまみ買いしていく感じでしょうか?
裏技的にはカードの個人輸入サービスで全部入りのセットをドイツから直接ってのがアイテム数的にはめっちゃお得。専用トランクもついてるし。
買ってしまって使わないシリーズやトランクなんかをヤフオクでばら売りするというのもありか・・・

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 工具, メインテナンス | コメントを残す