カテゴリ メインテナンス

PX150Euro3 メインテナンス


<左:仮留めさん 右:オヤカタ>
唯一のチャンスだった日曜日。9時45分にはお店に到着。
長期放置していたEuro3の整備をしました。


まずはタイヤ交換。
その前に色でも塗ってみようかとダイソーに行ってきてペイントマーカーを買ってくることからスタート。
時間はたっぷりあるから大丈夫とOGTさんとしゃべりながらタイヤに適当に色を入れていきます。
(すでにこの時点で12時を過ぎていましたが、誰も気がつかず)


タイヤ交換の前にの清掃やドライブシャフトの増し締めをしておきます。
(規定トルクは10.00Kgf・mです)
ドラムを外してみるとブレーキシューが思いのほか減っています。(ってオヤカタが言ってた)


<ニューフレンです>
とういことでブレーキシューを交換。
これは既知の作業なのでサクッと終了。
(オメガピンハトバシマセンデシタヨ)


次にフロントブレーキ。
パッドは残っていましたが片減り風なのでこっちも交換。
これも既知の作業なのでサクッと終了。


次にギヤオイル交換。
いつ変えたか記憶にない。
(ブログの記録だと2018年4月が最後www)
これもOGTさんが買ってきてくれたコーラ飲んでる間を利用してドレンボルト外してサクッと終了。

あとは、タイヤ交換だけとなりましたが、もう一カ所・・・

フロントフォークのレースベアリングが逝ってました。

<上側>
ベアリングは破損&錆が凄い。


すでにレースはバラバラ
結局ベースを含めて全部交換することにしました。


<下が逝く事はほとんど無いようです>
一旦フォークを抜き下側も確認。


<下側です。綺麗>
抜いたついでなので納車時から着いていたグリスを落として、77を充填。


<上側がはずれました。>
初めての作業なので、勝手がつかめない。
作業工程も含めて結構手惑いました。


見よ!これが素人整備だ!!!(笑)
汚れたフォークやグリスが充填されたベアリングを触った手のせいでフェンダーがベタベタwww


仮留めさんとOGTさんに車体を抱えて貰ってなんとか完了。
思いのほかハマりましたが、作業自体は仕組みと加減、必要な工具が理解できればとても簡単です。
1度やれば次からは大丈夫。

さて問題のタイヤ交換です。
時刻はすでに19:00付近www
PXやET3に装着出来るF.A. Italia社製のチューブレスリムですが、形状的にビードの逃げがほとんどありません。
10インチというサイズも相俟って難易度は相当高いらしい。
BT39SS等のスポーツタイヤは柔らかいのでまだマシっぽいのですが、ミシュランS1の3.50-10はダルいらしい・・・
以前にBT39SSの3.00-10を組んだことがあります。
が、その時も行程の85%ぐらいはオヤカタにやって貰った気がする。
で、今回が2回目。

虚弱体肢のオッサンが、ハーハー言いながらタイヤを嵌めているキモい光景を映像クリエータのOGTさんが捉えてくれていました。

今回で、作業の手順と古いタイヤを外すところからの行程はおぼえられました。
タイヤの嵌め込みの原理的なところも理解できましたが、こつ+力の合わせ技みたいなところが難しい。
セット待ちのホイールセットがあるので、間を空けずにもう一回挑戦予定。

ちなみにこのホイール塗装がすぐにパキッと欠けます。
売り物の商品の場合ビニールテープを巻いてその上からリムガード。さらにタイヤレバーが懸かるところにウエスを当てて作業をしています。
しかし、それをやるとより嵌めるのが難しくなる。
私のホイールはすでにゲジゲジなので、直接タイヤレバーを懸けています。
とりあえず一人で嵌められるようになったら、次のステップとして「きれい」な作業ができる事を目指したいと思います。


後は壊れていたメーターを新品に交換。
(開封時点ですでにヒビが入っていましたけど・・・・www)

ということで・・・
<本日の作業>
①前後タイヤ交換
②フロントブレーキパッド交換
③リヤブレーキシュー交換
④フロントフォークアッパーレースベアリング交換
⑤ドライブシャフト締結確認&増し締め
⑥ギヤオイル交換
⑦スピードメーター交換
となりました。

あー疲れたー・・・

OGTさん・仮留めさんお手伝いありがとうございました!!
また、よろしくお願いします(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, メインテナンス | コメントを残す

そこからですか・・・

VespaGPに参加するために、日曜日の予定をスケジュールするとツーリングは無理!
って言いながらサボり続けて1年が過ぎました。
最後に行ったのは「由比桜エビツーリング」ですので、やっぱり1年すっぽり間が抜けている感じです。

次回のツーリングは6月23日。前の日は遅いけど日曜日は仕事をさぼればなんとかなるような気もする。(まだ気がするだけです。)
西伊豆だからおそらく海を見ながらとんかつ食べれるだろうし・・・

一応参加する体で準備をしてみようかと思います。
313
<ラピッドデタッチャブルナンバープレートシステムですwww>
まずは自賠責保険(笑)
「そこからかよー」って話ですが、すでに3月で事切れていました。
前回は横に貼ってあるお店のステッカーと色を合わせてオレンジにしたのですが、今回はオレンジが選べない。選択肢は緑(5年)・黄(4年)・赤?(3年)・黄緑(2年)・紫(1年)の5色。
自賠責保険は長期加入の割引率が高いので、5年物が絶対にお得(年換算で約半額になる)なので5年以外はあり得ません。
が、キモい黄緑とか紫は微妙。(←どーでも良いわwwww)
次にオレンジが登場するのは2年後。
黄緑貼ってからの・・・→オレンジとか?(いやいやいやいや・・・ホントどーでも良いから 笑)

66
<令和仕様ステッカー>
ネタにもならないので、普通に5年を選択。
ま、トリコローレに含まれている緑だから良いか・・・

さて、後は?
タイヤを替えて、
油脂類を替えて、
ワイヤ類をチェックして、
切れたバルブも替えて、
あとは?あとは?・・・
あ、メーターも壊れてるから新しいのに替えないといけない。
それとステムベアリングもなんとなく微妙な気がしてならないのでバラしたいけど・・・

作業できるのは・・・いつだ?
今度の日曜日しかないな・・・
確か仮留めさんが電話番に来るって言ってたからちょうど良いか!

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, メインテナンス | コメントを残す

整備を続けるなど・・・

絶望的に走らないマシン
気分的には欠場したい(笑)
もう一度インフルエンザにでも感染しないかな?
と、ふて腐れ中www
が、
あきらめずに整備を続けることに・・・

方向性の選択としては大きく2つ。
①元に戻す
現状、茂原で自己ベストが出ているのは2018スペック。
弄った箇所を「全部戻す」という消極的手法ではあるものの、既知の状態で乗ることができるというメリットがある。

②仕様変更をさらに推し進める
ステップとして手を入れていない部分の作業を継続して性能・性状の向上、改善を図る。
ただし、やっても良くならない&迷いの森に入り込む可能性がリスクがあります。

2018スペックはルーキーイヤーのエントリーマシンとして好バランスでしたが、ここから本格的にコース攻略したりタイムを狙っていくにはもっと作り込んでいく必要があります。
不調の罠に陥っていますが、やはり方向性としてはプロスペクティブにやっていくしかない。

ということで、
オヤカタが奥から出してくれたダンボールを開封。
WIND JAMMERS製チャンバー
株式会社べスパさんの別注プロダクトです。
(通常商品としてはラインナップされていないらしい)


仮組みをしてみます。
2018スペックは激安OEMのウンコチャンバーだったので、こんな本格的なやつは初めてです。震えるwww(組み立てる手が・・・ね)


エキマニとリヤサスのクリアランスは・・・
微妙に当たってない?セーフ?セーフなのか?


ギリギリ過ぎか?


<パーツトレーが・・・>
ここで整備長ワープ!!
見事なフィッティングでございました。


併せて、キャブレターもリセッティングしました。

さーどうなることやら・・・

<おまけ>
頭で想像していた2019スペックと実際はだいぶ違ってました。
特にエンジンは自分の乗り方には向いてなさそうな特性を示してます。
まー車輌で実際にいろいろとやってみないとわからない。
何事も経験だなー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す

プライヤー地獄


<先に専用工具箱を確保。少しずつ並べていきます>
できるできないより、まずは形(モノ)から・・・というのが人生のポリシー(笑)
そして下から攻めるよりはオーバースペック、オーバーコストでもできれば上から攻めていきたい。
工具はその典型でしょうかね。
(工具箱はアストロなのが、さっそく論理破綻してますが・・・)

が、所詮はうんこアマチュア。
オヤカタや整備長が工具を握ると空から金の雨が降りますが、私にはそういったエコシステムがありませんのでほどほどにしておかないとなりません。
ラチェット系だとハンドルだけ振り出し角が細かいネプロスで、ソケット類はKTC汎用ツールみたいなパターン。
しかし、その手が通用しないツールがあります。
それは・・・
cripring
プライヤー。

表向きの本業でもひときわお値段が目立つプライヤー一式。

使用頻度は低いけど、特定作業には必ず必要な準SST的存在。
安物・パチモノは論外
そして、種類足りずの目的外使用は高確率で「失敗」につながりますので、一通りズラッと揃えないとツールとしての効果が発揮されません。

cobra
<knipex Cobra ←アリゲータってのありますね>
オヤカタのところだとズラッとknipexが並んでます。
使ってみるとやっぱり全然ちがうんですよね。すんなりと作業が進む。
私の場合、とにかく「失敗」の回数を減らす事が整備達成率に直結するので、
その裏打ちとして工具を揃えておくのは大事です・・・
(知識や技術、経験の乏しさは別問題でwww)

せっかくなのでこの機会にコレクションしておきたい。
(日本語的なコレクションという意味ではない)
ですが・・・
knipexは高いよーwww
ひとまずコブラセット・スナップリングプライヤーセット辺りから始めてみようかと思いますが、
それでもちょっとしたもんです(笑)

プライヤーを買うと、それを使うための車輌やパーツが買えないというオチが待ってます。
プライヤー地獄www

<おまけ>
お安いのはやっぱりAmazonですかねー
価格の周期性があるかを確認して、安いときにバラでつまみ買いしていく感じでしょうか?
裏技的にはカードの個人輸入サービスで全部入りのセットをドイツから直接ってのがアイテム数的にはめっちゃお得。専用トランクもついてるし。
買ってしまって使わないシリーズやトランクなんかをヤフオクでばら売りするというのもありか・・・

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 工具, メインテナンス | コメントを残す

ケースを割る 2回目


<ついでに新しいシリンダーも装着>
前回はギヤセレクター交換を目的にケースを割りました。
今回は異なる作業で再びケースを割りました。
これで2回目。
作業に集中するために途中の画像は無し。
手順的には大体あっている感じでしたが、不安なところはオヤカタと整備長に確認しながら作業を進めます。


<111.66です>
12:30ぐらいから始めて、19:30ぐらいまでかかったので所要時間は約7時間。
例によって整備長ターボ?整備長ワープ?で吹かしまくったので、その辺を差し引いて倍換算すると14時間。
やっぱ自力で1日でというのはまだまだ無理だなー。

<おまけ>
忘れないうちに10回ぐらい連続でやればもう少しちゃんとできそう。
バラシと組み立て用のトレーニングエンジンが欲しい。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す