カテゴリ メインテナンス

整備を続けるなど・・・

絶望的に走らないマシン
気分的には欠場したい(笑)
もう一度インフルエンザにでも感染しないかな?
と、ふて腐れ中www
が、
あきらめずに整備を続けることに・・・

方向性の選択としては大きく2つ。
①元に戻す
現状、茂原で自己ベストが出ているのは2018スペック。
弄った箇所を「全部戻す」という消極的手法ではあるものの、既知の状態で乗ることができるというメリットがある。

②仕様変更をさらに推し進める
ステップとして手を入れていない部分の作業を継続して性能・性状の向上、改善を図る。
ただし、やっても良くならない&迷いの森に入り込む可能性がリスクがあります。

2018スペックはルーキーイヤーのエントリーマシンとして好バランスでしたが、ここから本格的にコース攻略したりタイムを狙っていくにはもっと作り込んでいく必要があります。
不調の罠に陥っていますが、やはり方向性としてはプロスペクティブにやっていくしかない。

ということで、
オヤカタが奥から出してくれたダンボールを開封。
WIND JAMMERS製チャンバー
株式会社べスパさんの別注プロダクトです。
(通常商品としてはラインナップされていないらしい)


仮組みをしてみます。
2018スペックは激安OEMのウンコチャンバーだったので、こんな本格的なやつは初めてです。震えるwww(組み立てる手が・・・ね)


エキマニとリヤサスのクリアランスは・・・
微妙に当たってない?セーフ?セーフなのか?


ギリギリ過ぎか?


<パーツトレーが・・・>
ここで整備長ワープ!!
見事なフィッティングでございました。


併せて、キャブレターもリセッティングしました。

さーどうなることやら・・・

<おまけ>
頭で想像していた2019スペックと実際はだいぶ違ってました。
特にエンジンは自分の乗り方には向いてなさそうな特性を示してます。
まー車輌で実際にいろいろとやってみないとわからない。
何事も経験だなー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す

プライヤー地獄


<先に専用工具箱を確保。少しずつ並べていきます>
できるできないより、まずは形(モノ)から・・・というのが人生のポリシー(笑)
そして下から攻めるよりはオーバースペック、オーバーコストでもできれば上から攻めていきたい。
工具はその典型でしょうかね。
(工具箱はアストロなのが、さっそく論理破綻してますが・・・)

が、所詮はうんこアマチュア。
オヤカタや整備長が工具を握ると空から金の雨が降りますが、私にはそういったエコシステムがありませんのでほどほどにしておかないとなりません。
ラチェット系だとハンドルだけ振り出し角が細かいネプロスで、ソケット類はKTC汎用ツールみたいなパターン。
しかし、その手が通用しないツールがあります。
それは・・・
cripring
プライヤー。

表向きの本業でもひときわお値段が目立つプライヤー一式。

使用頻度は低いけど、特定作業には必ず必要な準SST的存在。
安物・パチモノは論外
そして、種類足りずの目的外使用は高確率で「失敗」につながりますので、一通りズラッと揃えないとツールとしての効果が発揮されません。

cobra
<knipex Cobra ←アリゲータってのありますね>
オヤカタのところだとズラッとknipexが並んでます。
使ってみるとやっぱり全然ちがうんですよね。すんなりと作業が進む。
私の場合、とにかく「失敗」の回数を減らす事が整備達成率に直結するので、
その裏打ちとして工具を揃えておくのは大事です・・・
(知識や技術、経験の乏しさは別問題でwww)

せっかくなのでこの機会にコレクションしておきたい。
(日本語的なコレクションという意味ではない)
ですが・・・
knipexは高いよーwww
ひとまずコブラセット・スナップリングプライヤーセット辺りから始めてみようかと思いますが、
それでもちょっとしたもんです(笑)

プライヤーを買うと、それを使うための車輌やパーツが買えないというオチが待ってます。
プライヤー地獄www

<おまけ>
お安いのはやっぱりAmazonですかねー
価格の周期性があるかを確認して、安いときにバラでつまみ買いしていく感じでしょうか?
裏技的にはカードの個人輸入サービスで全部入りのセットをドイツから直接ってのがアイテム数的にはめっちゃお得。専用トランクもついてるし。
買ってしまって使わないシリーズやトランクなんかをヤフオクでばら売りするというのもありか・・・

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 工具, メインテナンス | コメントを残す

ケースを割る 2回目


<ついでに新しいシリンダーも装着>
前回はギヤセレクター交換を目的にケースを割りました。
今回は異なる作業で再びケースを割りました。
これで2回目。
作業に集中するために途中の画像は無し。
手順的には大体あっている感じでしたが、不安なところはオヤカタと整備長に確認しながら作業を進めます。


<111.66です>
12:30ぐらいから始めて、19:30ぐらいまでかかったので所要時間は約7時間。
例によって整備長ターボ?整備長ワープ?で吹かしまくったので、その辺を差し引いて倍換算すると14時間。
やっぱ自力で1日でというのはまだまだ無理だなー。

<おまけ>
忘れないうちに10回ぐらい連続でやればもう少しちゃんとできそう。
バラシと組み立て用のトレーニングエンジンが欲しい。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す

<備忘録>ケースを割る その2


ケースを閉じたところでいったん終了。
残りの作業でシリンダーを装着するところから再開。
2ストのピストンリングのはめ方を覚えましたwww
その後、
ステーターとフライホイール
リヤブレーキとリヤホイールハブ
キャブレター・チャンバー
装着して作業完了。

さて、ほんとに動くのだろうか・・・

動いたー(笑)
あーよかった。
一部仕様を変更したので、実走しながら細かいところは調整していきたいと思います。

<おまけ>
<シクネスゲージってのも初めて使いました>
その1でも書きましたが、やはり車輌の構成や構造を理解することは大事な気がします。
ケースを割って組みなおした事で、同じコースを走るにしても前回と次回は違う気がする。実際に差が出るとよいなー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, メインテナンス | コメントを残す

<備忘録>ケースを割る その1


レースをするのであれば車輌の構造や機能部分は自分なりに理解・把握しておきたい。
そして、可及的に車輌整備も自分でできるような知識や技術を持っておきたい。
(できるかできないかは別としてですが・・・)


2019シーズンチャレンジの1つめとしてケースを割ってみました。


作業の主目的は磨耗してしまったギアセレクタの交換。
==========
リヤホイールハブ・バックプレート
クラッチ・プライマリギヤ
フライホイール・ステーター
シリンダーブロック
==========
の各セクションをバラすと、ケースを分割できるようになります。
(今回はプライマリドライブ・クラスターギヤ・クランクには触らず。次回以降の課題にしたいと思います)
ドライブシャフトを抜いてスパーギヤを外すとセレクタにアプローチできます。

一応スモールのシフトチェンジ機構は「こういう構造だ」と想像してはいましたが、
実際に見て触って組んでみることでより具体的にイメージできるようになりました。

作業はボルトオン的作業でないアナログチックなものがやはり出てきました。
ドライブシャフトの脱着等、要領を得ないと微妙なステップもいくつかありました。
コアな部分はオヤカタと整備長が「アドバイス」という形で硬軟裏表、多岐にわたって助けてくださったので、単独作業には遠く及びませんでした。
(登山で言うところのスタッフ100人超でアタックは1人的な極地法に相当www)
大まかに手順を把握するだけで精一杯(笑)
アルパインスタイルの確立を目指し、間を空けずに作業を反復してみたいと思います。
(これから練習で何回もクランクを割るwww)

<おまけ>
<ステーターを外したらばっちりオイルが漏れてました>
目下の問題として、2019シーズンはより時間がありません。
お店に行くまとまった時間が確保できないのもそうですが、都内~埼玉方面にいる時間が圧倒的に多いのでお店までが遠い(笑)
幸いレジアスエースは完全にべスパ専用。
なので移動ガレージ的に使うことで、細切れの時間をつないで効率的に整備をしていきたい。
そのためには技術や経験的な部分とは別に、SSTを含めて工具や消耗部品等を確保する必要があります。
少しずつ揃えてみよう思っていますが、結構ハードルは高そう・・・
今回使ってものだけをリストアップしてみても持っていないもののほうが多いwww
まずは汎用ツールをAmazonで買い集めるところから始めることにします。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, 50Special, メインテナンス | コメントを残す