カテゴリ Parts & Goods

LED投光器


<マジでこんな場所を整備スペースにするのか?>
老眼がキツいwww
正式には老視と言いますが、ピントと暗所順応がダメになります。
昼間でも手元が暗いとすでになにも何も見えない
作業内容や効率にかなり影響を及ぼします
(現状オヤカタは涼しい顔で精密作業をしていますが、後数年デスワー 笑 ←突然来るよ)

ということで、照明が必要です・・・

DSC00049
<しょぼい成果を厳かに陳列中www>
空間全体の輝度をあげるには天井バウンスが良いと思うので、片隅にあるジャンクパーツ用の棚から照射
照明技術的にはこの投光器の光はクソだけど、間違いなく空間は明るくなった(笑)
*レンズを目一杯絞っているので実際は爆光状態

ホントは定番中の定番、廉価でお求めやすいLS C120d IIをポチってしまったのですが、「あれ?そもそも投光器どうなの??」という疑問が頭をよぎり引っ張り出してきました

しばらくこれでいっかー

<オマケ>DSC00046
<4Kで1時間以上録画しても問題なし>
結局作業の細かいところを忘れてしまうので、備忘録的に作業を撮影することにしました(笑)
オイルやガソリンが飛び散っても良いように捨てカメラとしてLX-100を固定設置
古いコンデジだけどセンサーがマイクロフォーサース規格なので、今見ても1インチセンサーのデータよりも綺麗に見える
(海外仕様とおなじスペックになるようにリミッターカット済みなのでメモリの容量限界まで連続動画撮影ができます)


<昼夜間の環境輝度のムラを安定化しておきたい>
撮影用のリングLEDが手元の作業灯代わりにもなる。便利だ(笑)

<おまけ2>
お友達には人工水晶体(眼内レンズ)へのリプレイスを勧められています
輝度改善には覿面なので原則やる方向なのですが、
レンズセッティングに悩む~~~
回折3焦点にするか、ワンオフで分節屈折にするか、ベーシックに単焦点で狙った焦点距離にポイントを置くか・・・・
ネタ的にレンズ挿入できたりもする立ち位置だけに慎重に行かねばなりません・・・・
ギヤ比設定の次に悩ましい(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, メインテナンス | コメントを残す

Bucket Boss 10030 The Bucketeer BTO


<アメリカっぽい製品ですが製造はThailandです>
ベスパにもBucketBossを使ってみることにしました


スモール用の工具として工具箱2個
これ以外に油脂類やキャブレターのパーツ関係のバスケットやインパクトレンチやトルクレンチ等が別ケースに格納してある

ハイエースなのですべて積めてしまいますが、実用性は良くないです。
(サーキットでは出すのもしまうのもかなり面倒)


5ガロンのバケツを用意
値段が一番安いのはこれだった
ロウズってホームセンターでしょ(笑)
日本だったらここに「島忠」とか入ってる感覚かー
相当にダサいな・・・


で、こいつにBucketeerを被せる


中はこんな感じ


ピットで使いそうなものをどんどん挿していきます。


中にケミカル類も入る


インパクトレンチもぶる下げられるので、ピットでもすぐに使えそうです

工具箱とコイツの2つで全部収まりました~
これならポンと出すだけだな

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, 工具 | コメントを残す

Beta 42/B9-80°


Betaのコンビネーションレンチ
80周年記念のパッケージです
抱えていてもしょうが無いのでサーキット用に使おう


9本セットですが、19mmが金色(笑)
そこですかーwww


<ロールケースも80周年バージョンでした>
6-7-8-10-11-13-14-17-19の9本
構成的には完全にイタ車向けですね
ベスパの場合はあと12mmが欲しい
6mmは使わないので抜いて、代わりに12mmを挿す感じになります

あ、Betaって見た目は完全に車載工具なので観賞用には適しません
クオリティ的なオーラも特に感じない・・・かな(笑)

ま、イタリア製なのでね

<おまけ>
Betaのコンビネーションレンチは
標準:42
ミラー:42MP
薄型:42SLIM
の3ラインナップ
もともとBetaのレンチは薄いので
17mmのコンビのスパナ側だと
7.3mm(KTC汎用)
6.7mm(Beta42標準・ミラー)
5.1mm(Beta42SLIM)
4.5mm(KTC薄型)
という順番
ユーロツールですねー

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods, 工具 | コメントを残す

HYOD365 HIP BAG H3A103L

コロナで廃業・引退か?と言っている割にはお買い物が続きます


<クマ?くまだよね??>
hyod365ってhyodのカジュアルラインなのかな?


ヒップバッグって言うんだー(笑)
ウエストポーチじゃないの?www
積載能力に乏しい車両だとこの手のバッグは必需品

特にこれが欲しかったわけじゃないけど、Hyod東京に行って何にも買わないのもねー(笑)
Hyodって書いてあるし・・・


と言いながらサイズを含め地味にポケットの数や配置が良くできるなーと感じたのが入手動機


個人的には必須のカードポケットもついてます。
バイクに乗らない時も使うようにしてみようかなー

HYOD365 HIP BAG H3A103L

<おまけ>
ま、こんなもん正直何でも良いんだけど、
NAPSとかに売っている腰と大腿部に留めちゃってます的なやつはおじさん的にはイケてない
廉価でシンプルなただの袋が便利便利 笑

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ Parts & Goods | コメントを残す

HYOD DYNAMIC PRO NEO-DHARTI-R D3O®


<左:HRSD04D DYNAMIC PRO NEO-DHARTI-R D3O®>
<右:HRS202 RACING PRO ALTIS>
採寸をしたのが11月末でしたね(約7ヶ月)
レース自体がお休みでしたのですっかり記憶から欠落していました
仮止めさんに「スーツそろそろじゃね」と振られるまでオーダーしたという事実さえ認識していなかった~~
カラーチャートでは両方ともおなじ水色なのですが、結構色が違いますね
HYODのスーツはデザインの効いたプリントパターンがとても綺麗なのですが、ベスパ的にはシンプルに仕上げたいので、今回も極力プリントパターンは入れないで作ってもらいました。(実際はカラー指定が面倒くさくなって「この前と同じでいいです」って言っただけですが・・・)

P1000080
P1000081
肩と肘にアウタープロテクションのスライダーが装着されました。
どの程度マジでライディングしているか?という部分ではありますが、前のスーツはベスパに乗り始めてからは転倒しまくり(笑)
ちょうど肘のスライダー部分なんかボロボロなので、これはしっかり機能してくれそうです

P1000088
NEO-DHARTI-Rでは背中にストライプが入れられるようになりました。
新しもの好きでとりあえずプリントしてみる(笑)
まーまーなアクセント風

P1000091
ステッチは今回もオレンジ色で・・・
目が慣れちゃいました
違う色だと違和感がある

P1000079
そして、店のワッペンも装着
(本家と2軍サブコンストラクションチームの認証ライダーが今シーズンから装着します)
↑レースディビジョン専用アイテム・非売品ですwww

見た目がほとんど変わらないので、新鮮さは無し。むしろ「もったいないから~」的に着ないかもというオチがありそうです。

そうこうしているうちに体型問題で着れなくなるかも・・・・

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, Parts & Goods | コメントを残す