カテゴリ PX150 Euro3

BGM PRO SC FR1 SPORT


malossiのRS24を青に装着したのが2015年7月。
そのまま白にコンバートして使ってきました。
期間的にも距離的にもすでに限界を超えています。
もろもろ整備をしたのでついでに交換することにしました。
BGM PRO SC FR1 SPORT
プリロードのみ調整可のスポーツショックです。


<中止率はほぼ100%な6月ツーリングの数日前に実施>
ボルトオン作業なので標準的な時間でできました。
ま、スモールばかりだったのでPXの作業はすっかり忘れちゃってましたけど(笑)
ちなみに、フロントは生きてましたが、リヤショックは抜けちゃってました。
そのまま廃棄!!


<フロント>
プリロード以外何も無いのでシンプル。
ここからメッチャ車高下げて使っています。


<リヤ←写ってねー>
BGM PROのショックはマウントが若干後方にオフセットされています。
車高を上げたり、スモールに装着する場合は地味に便利です。
ロングナットに換装して車高アップ&1Gの車高も積極的に高めにセットします。

減衰力の調整はないのでセッティングはこれで完了。
乗った感じはマロッシのしなやかな印象とは異なり、全体的に荒削り。
バネレートはそれなりですが、やっぱりダンピングの効きが甘いかな?
マロッシと比べるとやはり値段なりな印象を受けます。

PXで乗った中では
マロッシのRS24が一番ですかねー
伸び側の減衰力は固定なのですが、バネレートとダンピングのバランスが絶妙
10インチの幅細タイヤですが、明らかに接地感が変化するのが解ります。

やっぱマロッシ良いわ~www
個人的にはおすすめです。
参考リンク(マロッシジャパン様)
フロントリヤ

スモールに組んでるBGMのレーシングはPXのリヤショックと同じですが、手で押しても違いがわかるぐらい硬い。
サーキットユースでは気に入ってますが、街乗りはどうかな?という印象。

ビチューボって好きな人多いけど、一番イケてない(私見ですよ)
ノーマルより嫌いです。
ガスショックなの?
ちゃんとベースセットしていないじゃないの?と勘ぐりたくなる。
ファッションアイテムか?(私見ですよ)

そしてノーマルですが、150cc・10インチのスクーターとして常識的な範囲で乗っている分には決して悪くない。
ストリートユースであるならば、フロントにマロッシ入れてリヤはノーマルとかが、コスパ最強っぽい気が・・・

ということで、
BGMのショックに新調しましたが・・・・

やっぱマロッシ良いわ~www
やっぱマロッシ良いわ~www
やっぱマロッシ良いわ~www
(しつこいwww)

<おまけ>
サーキットあるあるですが、フルアジャスタブルのショックをコースで使ってしまうと、公道では性能過剰な事がよく解る。パーツの消耗率を考えると多少乗り味が落ちても廉価な商品に目が行ってしまいます。
ストリートでギリギリ行く頻度はとても少ない。
性能を享受する前に、大抵は普段のでこぼこで寿命が来てしまいます。
と、理屈を付けてケチりたくなってしまうあるあるでした。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, Parts & Goods | コメントを残す

KTC BS3E 9.5aqスピンナハンドル


<くっ!何かが見切れてる・・・>
引き続きPXの車載工具
ラチェットは携行性を重視して小型軽量なコンパクトドライブにしました。
ちびっ子だけに狭いところでも使いやすいのですが、ソケットサイズが14mmを超えてくると手応えが怖い(笑)
ヘッドは3/8ですがドライブは1/4。
規格上は14mm辺りまでが上限。
ラチェットは早回し専用にして、仮締め→本締めにはスピンナハンドルを使いたいと思います。
キャビネットには400mmのハンドルをいれていますが、BS3Eは300mm。
ツールロールにギリギリ入る。
それから・・・
ツーリングでは無理にでも「曲げて戻す」的な作業が無くもないwww
スピンナハンドルはそういった場面での「武器」にもなります。
丈夫ですからねー(笑)

<おまけ>
車載用に工具をもう1セットと言うことでガサガサと買い漁っていますが、早速ミス。
インチサイズを買ってしまいました(笑)
返品しようにも、「エイッ!」と開封したあとに発覚。
一応チェックしたんだけどなー・・・・
ま、これはハーレー屋のオジサンに使って貰うことにします。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, 工具 | コメントを残す

KTC WMA-250


<ツールロールに収まるように250mmにしました>
イレギュラーなサイズも締結できるモンキーレンチは便利です。
10代の頃からエビ(株式会社ロブテックス社製)を愛用しています。
KTCは初めて
ちょっと重いか??


ちょこっと弄った感じでは悪くない
バランスも良いですし、ギミックの精度もしっかりしています。
通常整備で使う事はまずありませんが、ツーリング等でのイレギュラー整備ではかなり重宝するモンキーレンチ。
常時車載しておきます。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, 工具 | コメントを残す

KTC DBR16 ビット追加


GTS300 ABS-ASR用にと購入したラチェットドライバです。
(実際にはラチェット部分が鑑賞して届かなかったwww)
DBR16はトルクスとヘキサゴンビットの組合せでした。

PXの車載工具的には・・・・

プラスドライバーのビットが必要になりますので追加しました。
標準で入っているのはNo.2/6.0mm(DBR14-04)のビット。
これ1本で大体はいけるのですが、No.1/5.5mm(DBR14-03)とNo.3/8mm(DBR14-09)も有ると何かと便利。


ヘキサゴンは3~6mmまで使えれば大丈夫。
ビットにメガネも掛けられるので、トルクが必要な場面でも応用が効きそうです。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, 工具 | コメントを残す

KTC TMS208 + MS2-11


<12mm・19mmは要らない>
PXへの車載用にもう1セット追加。
汎用のコンビネーションツールの基本セット(TMS208)です。
07mm, 08mm, 10mm, 12mm, 13mm, 14mm, 17mm, 19mm
という構成。
ベスパの場合は12と19を抜いて11mm(MS2-11)を足します。
合計7本。

最近はスモールばかりだった事もあり、レジアスエースに載せている工具を特に意識せずに使っていました。
一方で・・・
PXやGTSの場合はレジアスエースの工具は地味に使いにくい。
(レジアスエースの代わりにベスパで移動しているためwww)
ソケットやハンドル類も含めてPX専用に一揃えしておいたほうが便利そう。

グローブボックスに車載しておこう。

<おまけ>
ネプロスのNTMS206(8mm,10mm,12mm,13mm,14mm,17mm)に
NMS2-07(7mm)とNMS2-11(11mm)を2本足すパターンも考えたのですが、価格は3倍超。結構ジリジリしたのですが、やめときました。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ PX150 Euro3, 工具 | コメントを残す