カテゴリ VespaGP

HYOD DYNAMIC PRO NEO-DHARTI-R D3O®


<左:HRSD04D DYNAMIC PRO NEO-DHARTI-R D3O®>
<右:HRS202 RACING PRO ALTIS>
採寸をしたのが11月末でしたね(約7ヶ月)
レース自体がお休みでしたのですっかり記憶から欠落していました
仮止めさんに「スーツそろそろじゃね」と振られるまでオーダーしたという事実さえ認識していなかった~~
カラーチャートでは両方ともおなじ水色なのですが、結構色が違いますね
HYODのスーツはデザインの効いたプリントパターンがとても綺麗なのですが、ベスパ的にはシンプルに仕上げたいので、今回も極力プリントパターンは入れないで作ってもらいました。(実際はカラー指定が面倒くさくなって「この前と同じでいいです」って言っただけですが・・・)

P1000080
P1000081
肩と肘にアウタープロテクションのスライダーが装着されました。
どの程度マジでライディングしているか?という部分ではありますが、前のスーツはベスパに乗り始めてからは転倒しまくり(笑)
ちょうど肘のスライダー部分なんかボロボロなので、これはしっかり機能してくれそうです

P1000088
NEO-DHARTI-Rでは背中にストライプが入れられるようになりました。
新しもの好きでとりあえずプリントしてみる(笑)
まーまーなアクセント風

P1000091
ステッチは今回もオレンジ色で・・・
目が慣れちゃいました
違う色だと違和感がある

P1000079
そして、店のワッペンも装着
(本家と2軍サブコンストラクションチームの認証ライダーが今シーズンから装着します)
↑レースディビジョン専用アイテム・非売品ですwww

見た目がほとんど変わらないので、新鮮さは無し。むしろ「もったいないから~」的に着ないかもというオチがありそうです。

そうこうしているうちに体型問題で着れなくなるかも・・・・

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, Parts & Goods | コメントを残す

Vespa50S 2020


<マジで腐ってやがるなwww>
2台目のレーサーを始める?


<本物のウンコ車両だ>
まずはエンジンから・・・


今回はケースをブラストに出すので、まずは降ろしてからの・・・


<まーまーな汚染度ですね>
ケースの清掃~!!
積層された汚れを斫ります
メニュー的に、
ケース以外パーツの再利用はほぼないので吸排気系は外してどんどん捨てていきます


さて・・・バラします


<純正のタグワッシャーの折り←初めて見た~ちょっと感動だ>
ストック状態のエンジンを最初からバラすのは初めてですが、作業的に未経験のものはあんまり無いはず。
まーわかんなきゃオヤカタに聞けば教えてくれるだろ的な緩い感じで分解を開始!!


<まじノーマル>
シリンダは事前に抜いて廃棄済みなので、
クラッチ→一次減速を外してケースを割ります。


<再生産前ですね>
ポートとバルブ面は・・・こんなもんかー


スパーギヤをバラして→(キックギヤ周り)→ドライブシャフト→クラッチバスケット的な流れでとりあえずこの辺まで・・・


<道具は地味に足りないwww>
フライホイール側ケースからのクランクとツリーの抜きはケースを温める必要があるのでそのうちやる事にします

<つづく>

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, 50Special | コメントを残す

2020シーズン


<それっぽくギャラリーでクリップしていただいてました>
2019シーズンが終了
2020シーズンに向けて練習だったり車両作製だったりが始まりますねー
来シーズンの仕様はどうしようかな?
112ccの鉄シリンダーは1回使ったけど乗りにくいので無し。
102ccスペックを軸に考えていく予定です。
整備の練習にもなるので、ケース割ってバラして各部の状態確認から始める感じかな

さて、
OGTさんが私の車載カメラデータを中心にスペシャルバージョンを編集してくれました。ウエット路面で自分的に一所懸命走っているシーンって言うのはなかなか無い機会だけにうれしいですねー

その時は夢中になっているので、気づきませんがこうやって記録されたものを見返すと勉強になる。しかも360°カメラなので、見れないものが見れるってもすごい。
ま、スタートはいつ見てもクソだけど・・・
OGTさんありがとうございます。
100回見るぞ!

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, 50Special | コメントを残す

Hyod HRZ906 HRZ907

2021年1月1日よりMFJの国内競技のルールに脊椎パッドと胸郭パッドの装着義務ルールがアップデートされます。
スーツ入れ替えのタイミングで胸郭パッドと脊椎パッドを換えたいと思います。
(スーツが来る前から使い始めます)
hrz906
<仮止めさんも同じのを入手しました>
チェストプロテクター向けの新CE規格(EN-1621-3)・レベル2の製品
「を遥かに上回る」性能って記載があるからもっとすごいってことか~
2021年1月1からEN-1621-3をパスしていないプロテクタは使えなくなります。
いままではそれっぽければ何でも良かったので、しっかりとルール化されたってことですね。
D3Oが触れ込み通りの性能を発揮してくれるくれると良いなー
肺はヤッテも死なない可能性があるけど、心臓と縦隔はしっかりと守っておきたい。

hrz907
<これも仮止めさん買った>
CE規格(EN-1621-2)レベル2
こちらもD3Oが全面に配されています。
同様に2021年1月1から(EN-1621-2)をパスしていないものは使えなくなる。
従来明確な規格設定が無かったので、こちらもルール設定が厳格化した感じですね。

hrz001
<これはいままで使ってたやつ>
VespaGP自体はいわゆる草レースですので直接的には関係ありませんが、準拠するレギュレーションやサーキット施設の利用規則等がMFJに倣うはずなので、どこかのタイミングでアナウンスがあるかなと思われます。
規格をクリアしてるから良い訳では無いけれども、安全基準を枠組みで確保していくことは大切なことですので早めに準備しておきたいと思います。

<おまけ>
MFJからのアナウンスはこんな感じ
========================================
【予告事項】
脊柱プロテクションと胸部プロテクションの規格装着を義務付けている脊柱プロテクション(脊髄パッド)と胸部プロテクション(チェストガード)に製品の規格を設けていませんでしたが、2021年1月1日からは以下の規格を取得している製品であることが義務付けられます。※CE規格適合製品にはCEマークが表示されています。(ロードレース競技規則10項ライダーの装備)

●脊柱プロテクション
2021年より、脊柱プロテクションはCE規格「EN1621-2(Level1またはLevel2)」適合品の使用が義務付けられる。「EN1621-2」規格品以外の製品は使用ができなくなります。エアバッグ一体式でエアバッグ本体にCE規格「EN1621-2」適合品の脊柱プロテクションが装備されている場合は、脊柱プロテクションの装備は免除される。

●胸部プロテクション
2021年より、胸部プロテクション(チェストガード)はCE規格「EN1621-3(Level1またはLevel2)」適合品の使用が義務付けられる。「EN1621-3」規格品以外の製品は使用が出来なくなります。エアバッグ一体式でエアバッグ本体にCE規格「EN1621-3」適合品の胸部プロテクション(チェストガード)が装備されている場合は、胸部プロテクション(チェストガード)の装備は免除される。

【CE規格とは】EU(欧州連合/ヨーロッパの地域統合体)加盟国で製品を流通・販売するために必要な国際規格制度で、EU各国で定められる安全基準をまとめたEU圏の共同規格です。
========================================

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, Parts & Goods | コメントを残す

採寸日


<完全なる個人情報だな・・・無価値だけどwww>
今日は仮止めさんと一緒に採寸してきました。
(仮止めさんのは仕上がってきた)
記録を確認して貰うといま使っているヤツは2013年に作っています。
そろそろ新しくしても良い頃ではある。
そもそも転びまくっているのでボロボロなんですよね。


ボディ形状に合わせて少し工夫を・・・
スクーターポジション風で乗っても前傾姿勢が取りやすくかつ脚が動くようなイメージでモタード的アプローチを・・・
あ、胴長短足とデブの補正もね(笑)

後は、来シーズンからしっかりとした脊椎パッドと胸郭パッドを使いますのでそれを装着しても大丈夫なようにチェックしてリサイズして貰いましたー
ファンクショナブルスーツだからやっぱりフルオーダーが大事です。

来るのは夏〜秋頃かな?

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ VespaGP, トラック, Parts & Goods | コメントを残す