白糸スピードランド 2018-⑨


<今日は富士山見えない>
久しぶりに白糸へ練習に行ってきました。
先週は雨で延期。
今日も降水確率的には微妙だったんですが、最終ラウンドの筑波までと考えると今日を逃すと微妙なので決行しました。(結果的には降らなかった)


しかし、ギヤオイルの交換からスタートwwww
事前にヤットケヨ的な・・・
相変わらずのモタモタ作業。
(オヤカタは9時過ぎたから走りに行っちゃいました)

しかし!!
一見いつものように緩く覇気の無い感じで走ると見せかけて、今日は壮大なテーマを設定してきました。

それは・・・・

ステアリングを使う(一大決心!)

サーキットで約2シーズンスモールに乗ってみて、
「セルフステアではスモールは曲がらない」
という結論に達しました。
ライダーも含めて重量物は後軸に集中しています。
フロントサスペンションはダイビングが凄いし、その時のキャスター角なんかを考えてもしっかり荷重をかけたままゼロステアを保つ事は相当に難しいと思われます。

セルフステアを利用して走ると、ターンインで車体をバンクした際にステアリングは進入方向とは反対側に切れていきます。重心移動で車体はコーナー方向へ進みますが、ステアリングはそっぽを向いたまま。体を入れたり膝を擦ったりしても挙動的には「どアンダー」になる。
スロットルは開けられない上にターニングアーチも大きくなってしまいます。

ステアリング操作を入れることで、ググッと切れ込むようなコーナーリングにする事を目標としながら、綺麗なライントレースを意識する事にしました。
一応、オヤカタに新走法をする旨を宣言してからコースイン。
数周試しながら積極的にステアリング操作を入れていく走り方に変更しました。
名称未設定-1
上手くいきました。
ベストラップ更新。
(46.552→46.243)
今の仕様ではコンマ8がベストだったから刻めた感じ。
なによりも定常ラップが46秒台でほぼ固定されました。
こっちが良かった!!
しかもギリギリイッタ感じじゃ無くて、普通に回って出るし、恐怖心がないのが素晴らしい。
オヤカタに追われても、追っかけてもほとんど差が出ないっぽい。
(今日はオヤカタ不調)
ちょっと追いつけたり離したりする事も出来ちゃいました。
凄いことだ~~~
130ラップしていましたが、46秒台が50回以上ある。コースインコースアウトやタイヤを温めているラップを除けば、半分くらいはそのまま回れてる感じ。
ブレイクスルーな練習日でした。

「まーまー速いほうだよね」となる45秒台がうっすらと見えてきたか?(笑)

<おまけ>
IMG_0157
机上の考えを実現可能としたのはコイツ
やってみたらホントに効果絶大だった。
ベースラップタイムが0.5~1.0秒ちかく「ポン!」と上がりました。

業務連絡
FSNOさん、オヤカタはすでに使う事を決めました(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す

KYK 90-005

ついにオイルジョッキも用意(笑)
オイルジョッキ2
古河薬品工業社製のポリジョッキ5リットル。
1リットルのオイルジョッキでちまちまと継ぎ足していましたが、やっぱりめんどくさい。
走り出しの時は4リットルとか5リットル作ってザブッと給油するのがラクっぽい。
FSNOさんが園芸用の混合タンク(安全混合器)を持ってきてくれます。ジョッキよりもしっかり混ぜる事ができますが、オイル缶の消費を振り返ると地味に量が合っていない気がします(気がするだけですwww)

念のためメジャーカップで混合してみようかなと・・・

<おまけ>
スモールは50:1がスタンダード。
30:1だとおおよそ1.5倍入れれば良いということになりますね。

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special, Parts & Goods | コメントを残す

オイラー

オイラー
今更ですが、ギヤオイルの交換用に購入。

いままでは100円ショップで108円のドレッシング用のボトルを使っていました。
R0016789
(↑これwww)
PXでもまーまー使いにくいんですが、スモールはもっと使いにくい。


こんな感じでしっかりノズルが長くないとオイルが入れにくい。
「まー108円だから我慢我慢」って思ってたらこれも192円だった(笑)
↑価格が大事です!!


サイズバリエーションは豊富です。
250~300mlの使用量ですので、400mlのタイプにしました。
お店に行く時間がホントに無いので、車載しておいて出走前に交換できるように車載しておこうかなーって・・・

<おまけ>

地味に無いと困るドレンパッキン。
サイズ的にも素材的にもNAPS等では入手出来ません(笑)
1パケ5回分。推定末端価格は数百円wwww

<おまけ2>

100円台とお安かったオイラーですが、Amazonでの最低購入数は2個でした。
FSNOさんにあげよーっと(すでに持ってるかなー?)

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ 50Special, PX150 Euro3, Parts & Goods, メインテナンス | コメントを残す

Exhaust -malossi- 活字チューニングその3

<伝言>
最近フォームより頂いたメールですが、携帯のキャリアメールで頂いております。
お返事をしてみましたが、ドメインブロックされているようで跳ね返ってきてしまいました。申し訳ございません。

ex
<これはマロッシ社製>
今はこれの製造元と思われるGIANELLI社製のチャンバーを装着しています。
(マロッシロゴがGIANELLIになっているwww)
ダイバージェントテーパーは緩やか
コンバージェントテーパーは見えないor無い感じで外観から確認が出来ません。
サイレンサーも併せて包括したようなデザインで
ストレートパイプも短く見えます
膨張室容量はさほど大きく無い印象を受けます。

FSNOさんを始めとしてみなさんが装着しているPM Tunningのチャンバーは・・・

エキゾーストポートから早めに太めにダイバージェントテーパーが付与されているように見えます。コンバージョンテーパーも付与され、そこから折り返してサイレンサーまでストレートパイプが続きます。
容積差もそうですが、チャンバーの全長は明らかにこっちの方が長い。

実際に乗ってみると、下からドバッときて力強い加速感があります。
トルクですかね。
自分の車両の方がピューって回るような気もしますが、フケの良さよりも線の細さが目立つ。
音も低音が効いて迫力があるし・・・

マロッシ(ジャネリ)のフラットな感じのフィーリングは悪く無いし、音も可愛らしいので恐怖心が和らぐ(笑)
チャンバーも消耗品ですので、準使い捨てパーツ。
交換することは決定路線なのですが・・・

どうしようかなー
どっちにしようかなー
みんなと同じにした方が良いのかなー

続く・・・

<おまけ>
先日のスクーターミーティングで他ブースのマイルドヤンキー的ないかついスクーターのエンジン音がなかなかで、「うるせーな・・・」って思ったんですが、その後、NKMさんがスモール動かしたらもっとうるさかった(笑)
2サイクルですなーwww

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す

malossi PHBL25 活字チューニング その2

PHBL25
いま使っているのはPINASCO社製のPHBL24
インテークマニホールドが短いのが特徴です。
レスポンスやフローの的観点からはメリットがあるはずですが・・・
内部パーツがあっという間に消耗してきます。ニードルやクリップ、フロート等は一度交換しましたが、すでにガタガタ、ユルユル的な感じ(笑)
直キャブの車輌に乗ったことが無かったのですが、2ストの振動はなかなか凄いみたいですねー
これではセッティングって言ってもよく解らない。

で、画像はmalossiのPHBL25
1mm口径が大きいですが、インマニとキャブの間にラバーパイプが介在しています。
キャブレターとポートまでの距離は長くなってしまいますので、ベルヌーイの定理的には不利っぽい気がするwww
が、ラバーパイプはインシュレータとしてエンジンの振動が直接キャブ本体に伝わりにくくする作用がありそうなので振動によるダメージは少なそう。
拙い知識と技術的な私にとっては、そこそこの状態でシーズンを通して安定して作動してくれるほうが良い。
セッティングの観点からも楽なはずかなーって・・・

<おまけ>
初めてのスモールということで標準的なパーツ構成で組みましたが、実際に乗ってみていろいろと感じることができました。
また、類似スペックの車輌と並走してみると思った以上に違いや差が大きいことにも気がつきました。ライディングテクニックが大部分を占めるとは思いますが、自分のイメージ通りに走れる車輌になれば良いなーと思います。

 

にほんブログ村 バイクブログ ベスパへ
にほんブログ村

投稿カテゴリ トラック, 50Special | コメントを残す