カテゴリ Parts & Goods

Qstarz BL-1000GT


GPSロガーを買ってみました。
測定頻度10Hz(100ミリ秒毎)のいわゆる高レート測位が出来るモデル。
最新スマホの内蔵GPSの測定頻度がどのくらいなのかは不明ですが、
同社からトラベルモデルとしてリリースされているBL-1000STは1Hz(1000ミリ秒毎)となっています。

仮に60km/hだとすると
1000ミリ秒で16.7m
100ミリ秒で1.67m

30km/hだとすると
1000ミリ秒で8.3m
100ミリ秒で0.83m

かなりラフなデータになるので、
速度の出ないミニバイクコースだとしても1Hzセンサーで生じる誤差はけっこう大きい感じになるはず。
単純にラップタイマーとして考えてもかなり怪しい??

まーこうやって計算してしまうとBL-1000GTの10Hzセンサーでもかなり気になりますけどね(笑)

仮止めさんが使っていると思われるディスプレイ一体型の最新モデル(LT-8000GT)は記録頻度は25Hz(40ミリ秒毎)なので、
60km/hだと0.67m
30km/hだと0.34m
と、より精細なデータが取得できる。
でも値段見たら10万円なんですよねー
高いだろ(笑)

ディスプレイ一体型はお手軽なのですが、
せっかくデータ取得をするので、RaceChronoProを使ってGoPro録画データのタイムコードとシンクロさせるのと、クラウド経由で走行データをリアルタイムでピットサイドの端末に表示させたいのでまずは外部センサー+スマホの組み合わせで計測してみようと思います。

投稿カテゴリ VespaGP, 50Special, Parts & Goods | コメントを残す

VESPA Co.,Ltd.


今日は、昼下がりに株式さんに行ってきました。
横浜のイナカモンだけに完全東京な日本橋はキツい
地味に迷子になりながらなんとか到着(笑)


お目当ては・・・
おぉぉーこれこれ。
SIP謹製の株式会社ベスパTシャツ
インスタでアップされたのを発見したので、ミチアツにお願いして予約してもらいました。(本国のサイトではもうサイズ切れしてたりもするようです。)


マロッシのプラスティックバッグシブいな・・・


さてデザインです
フロント部分にはSIPロゴ
「なんだ、イラレ下手くそかよ・・・」
と、取られかねないカクカク感
可愛いわー(笑)


ドイツ人が日本とベスパをデザインするとこんな感じになるのかー
旭日旗ではないものの、赤いレンズとバルブの描写が、地味に右寄りテイストを醸し出しているように見える。最高かよ(笑)
そして株式さんの住所が書いてあるので、行き倒れてもこれを着てさえいればおそらく身元不明にはならないという便利機能も搭載。
いやー・・・早速明日から着てみよう!!

<おまけ>

<画像はミチアツ用のLサイズと仮止めさん用のMサイズを含めた計6枚>
Tシャツ集めがライフワークなだけに、1点1枚の指し買いする勇気はありません。
最低2枚。気に入った場合、10枚以上とかも珍しくない
この株式さんTシャツも初回生産を売り切った後に追加されるのかが謎なので複数枚入手してみました。

投稿カテゴリ Parts & Goods | 3 Comments

HYOD PRO RACING SLIDER HRQ003

55仮止め←使わない
44僕←使う
20オヤカタ←使わない
61マツモト←使う
*敬称略・年齢順www

みんなそれぞれ違うんですよね。
えーと、レーシングスーツに装着されているスライダーの話です。
ベスパの場合はスクーターなライディングポジションだったり、車輌構造上のバンク角がさほど無いため、いわゆるオートバイ的な伏せてからの膝&肘みたいな乗り方に帰結しません。
モノマネすると個人が特定出来るぐらい各人がユニークライドしています。

で、その要素の1つとして膝摺るor摺らないがある的な?
スモールライドの究極はオヤカタのようにニーアクションは最小限、頭と上半身のスリップインでフロントタイヤを操るカミソリコーナリングだと思っていますが、
私ごときのテクニックだとどうしてもいわゆる「無理膝」をガッツリ使って心のセーフティマージンを確保する乗り方になってしまいます(笑)

って事で、スライダーは必須アイテム


さて、コレはとある日のハイエースの車内
何じゃこりゃ???


うぉぉぉースライダがベースのマジックテープから剥がれ落ちてるジャン!!
いわゆる皿が割れるとか靴紐が切れるとか黒猫が横切る的なヤツか?
呪いか?誰だ?(笑)

まー剥がれてしまったモノは仕方ない
サクッと取り替えます

<製品的にも新しいモデルが出ていたので変えるつもりではいた>
HYOD PRO RACING SLIDER HRQ003


上向きがインジケータされるようになりました。
非対称デザインっぽく見えるから左右も決まってるのかな?(従来は左右対称)


あ!!ステッチ入ってんじゃん(笑)
やっぱ旧型ってよく剥がれてたんじゃ無いのー


マジックテープ側から見ると全周縫い付けられてました
擦って「停める」or「曲げる」的な間違った使い方をしているだけにこのしっかり感は安心するわー(笑)
日曜日の日光サーキットから使います!!

投稿カテゴリ VespaGP, Parts & Goods | コメントを残す

HYOD DYNAMIC D3O® RACING GLOVES HRG201D

世の中のお休みが終わったタイミングで(混雑回避)週末のレースに向けてHYOD東京に行ってきました。

お目当ての1つめがコレ。

長年の開発を重ねたHYOD渾身のレーシンググローブというキャッチコピーで登場
201Dのオレンジです(ホワイトと似てます)


<D3O®プロテクターをナックル部と手首部に内蔵>←と記載されていた
201DのDはD3Oモデルって事なのかな?
D3O有り無しの差は平時に体感することはできませんが、バイク的なプロテクション素材としては理想的
レーシングスーツもD3Oモデル使っています


ベスパ的にはちょっと厳ついですが、手背部と指背部にカーボンプロテクタあり


グローブ選ぶときに重視しているポイントの1つ
第4指・第5指の基節部が連結されている事
(小指はすぐに外れたり折れるので、地味にテープで固定したりマジックテープ挟んだりしてます)
そういえば、最近スモールのファクトリーマシンで茂原を攻め倒して小指外したベスパ女子を知ってますなー・・・


安定のHyod小ぶり感(笑)
いや、オレがデブすぎるのか?手デブとかってジャンルあるのか?
ともかく、一番大きい3Lでも相当ピタッとタイトな装着感
私は、このサイズ一択です

<おまけ>
初老のおじさんの体が丈夫なわけは無いので、
プロテクションツールはその時点で入手出来る最上グレードのものを使いたい。
特にサーキットユースのアイテムに関しては意識してます。
レーシングスーツも含めて一定サイクルでリペア・リプレイスしていかないと・・・
(いまはHyodのエアバックと対応レーシングスーツのリリース待ちです)

投稿カテゴリ VespaGP, Parts & Goods | コメントを残す

バターナッツ

https://blog.vespa.yokohama/2021/06/28/31898/
先日ポストしたように、来週のVespaGPの最重要事項であるクーラーボックス。
その転帰次第でレースのリザルトに大きく影響が出てしまう。

仮止めさんのスチールベルトが便利そうだったのでまねしようと思ったのですが、
国内正規品の在庫が全色長期欠品(笑)
検索しても並行輸入もしくは転売野郎ばかり
コールマンの公式サイトでは26800円のモノが、安くても1万円ぐらい載せてる
色やモデルによっては6万超え
舐めてんなー

クズ達の手のひらで踊るのは嫌なので、
多少PCの操作に長けた初老のおじさんなりに工夫することにしました。
欲しいものアイテムの争奪戦の勝率を上げるために新しいスクリプトを実行
入荷した瞬間に通知が来る(笑)

で、うっかりこいつを入手出来ました。


古いコールマンの復刻カラーなバターナッツのスチールベルト
昨今の社会事情もあって、入荷が大幅に遅れていたヤツです。
国内公式ショップでサクッとカートに入れてゲット!
入荷直後にすぐ売り切れたのでスクリプト効いたわー
ラッキー!!


<この栓抜きを早く使ってみたい>
1人使いとしては相当でかいので保冷剤を買い足して万全のクーリング体制で乗り込みたいと思います。

クーラーボックスは大事です(笑)

投稿カテゴリ Parts & Goods, その他 | コメントを残す