RECORD VICE

明治初期創業のお店にて・・・
私:「RECORDの万力って買えますか?」
おばちゃん:「あー今はアメリカのIRWINって所に吸収されてRECORD無くなったんだよねー」
私:「あ、そうなんすか・・・」
IRWIN製品の1つとしてRECORDのバイスがラインナップされているらしい。
IRWIN社のバイスってのもあって併売されているって教えてくれました。

工具屋では無い一般小売りの店にも関わらず、突発的な万力の話に即応できるおばちゃんハンパねーな(笑)

そして隣にいた若い子が、
「IRWIN RecordのバイスならAmazonUKでもUSでも海外発送してくれる店で買えますよー」
って教えてくれました、日本の代理店的な所に輸入されたモノは妙に高いそうです
(本体+送料5000円ぐらいとのこと)

画像を見せてもらうと吸収されてからの製品はこれ見よがしにRecordってプレートがリベット止めされている
うーん・・・確か店の万力にはそんなプレート無かったな

と、やり取りしているうちに通りすがったお父さんが、
「100mmのヤツ有ったと思うわ」
新品なのか中古なのかも不明だけど、かなり長期間棚卸し的に置き去りになっているとのこと・・・
一族経営な記憶力皆さんヤベーな(笑)


これでした。
「MADE IN SHEFFIERD ENGLAND」となっているヤツが当時モノって事らしい


(角胴型っていうのかな?)
未使用品っぽくは無いけど、パッと見た感じは綺麗に見える
そもそもピカピカである必要無いし(笑)
ホントに何年前のモノなのかが不明なのも良い感じです
ということで、入手!!
値段および状態不明という事で、驚異的な安価でした


スモールに乗っているとバイス無いと困る作業が結構あるんですよね。
なにかで代用しても作業性が上がらない。
そして、ホームセンター的なバイスは挟んでみるとしっかり噛まなかったりどんなに締め込んでも緩んで来たりとまーまー使えない
店のバイスを使わせて頂くとそういう煩わしさは全くありません。
真似するのが簡単(笑)

<おまけ>
さらに在庫的に存在するのであればサイズ違いとかで「あと2〜3台は欲しいっす!!」とアピールしましたが、紙ベースの台帳なので「後で見ておくけど多分無い」って事でした。
お父さん:「でもさースタンレーじゃ無くて良いの?」
私:「ん?」
お父さん:「バイス自体はわかんないけどRecordってStanleyの特許切れ工具のコピーしてたところだからね」
私「・・・・」(知らんわー)
アーヴィンレコードもスタンレーのどちらも購入できるようです。
検討しておきます!!
(まじで商品情報的な知識凄いなー)

This entry was posted in 工具. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA